アルピナ vs ハルトゲ vs M3 最強のE46はどれ!?

1.M3

BMWのモータスポーツを請け負う子会社、”BMW M GmbH”という会社。

BMWが販売するモデルの中でも、Mモデルと呼ばれるのは、このBMW Mがチューニングしたモデルを指しています。現在はM3からM6、XモデルのMなどを製造しています。

M3(現在ならM4)は、その中でも最もスポーツ色の色濃い一台。M5やM6は高性能スポーツモデルですが、それでも車重が2t近くなっており、サーキットなどで純粋にスピードを求めたモデルかと言われればそうでもありません。

そのM3は、BMW伝統の直列6気筒エンジンを搭載し3200ccで340馬力を発生します。非常に安定感がある足回りに加えて、スムーズに吹け上がる「シルキー6」、そして剛性のあるしっかりとしたボディ。これで1000万円という値付けは高いのか安いのか判らなくなってしまいます。

スムーズなシルキー6は、普段使いでも持て余すことはないものの、サーキットでも十分にパワーを発揮してくれるエンジン。車重も1560kgと決して重くはなく、走らせると非常に楽しい、それでいてタイムを縮められる一台です。

2.ALPINA B3

アルピナもBMWをベースとしたレーシングカーの製造などを行っている会社。

現在でもレース参戦など行っておりますが、BMWの高性能車を製造することでも有名です。アルピナは、元々はチューニングメーカーですが、現在はドイツ政府から認定されている「自動車メーカー」として扱われているため、BMWとBMW ALPINAは厳密には別物として扱われています。

現行のアルピナの特徴といえば、ダウンサイジングターボではなく、「Bi Turbo」と呼ぶスーパーチャージャーモデルが有名かつ特徴的なモデル。E46の頃は、B3として販売しておりましたが、NA3300cc直6エンジンです。M3よりも少し排気量が大きいのが特徴。

また、アルピナは派手なエアロは付けず、ノーマルのデザインに対して少しエアロを盛る、大人なイメージが非常に印象的ですよね。基本的な構成はM3と大きく変わりませんが、車重が約80kg軽く、排気量が100cc多くなっています。馬力とトルクはM3より少し劣りますが、ほんの少しだけ拡大された排気量と、車重がどのように影響するのかは興味深いところです。

単純に排気量が上がるとそれだけアクセルレスポンスへの余裕が生まれます。ただ、ボアxストロークのバランスが崩れるとスムーズな吹け上がりを妨げますることに…。完全な想像にはなりますが、そのあたりのバランスを絶妙にとってあり、面白い動きをするのではないかと思います。

3.ハルトゲHM350M

うって変わってハルトゲの超弩級チューニングM3。

V8 5000ccエンジンを搭載、450馬力、トルクは55kgを発生する、モンスターマシンに仕上がっています。この後、E90モデルからM3はV8になりましたので、もしかしたら未来を見据えていた?チューンドカーだったのかもしれません。

こちらは残念ながらお目に掛かったことすらなく、存在を知っている程度のモデルではありますが、E90M3の完成度から考えると、非常に面白いモデルだったと思います。価格は1800万円と、M3と3シリーズが買えてしまうお値段…。この価格だと思わずM5に手を出してしまいそうなお値段ですね。

比較動画を見てみましょう

日本語字幕がありませんが、そんな三台を比較している動画がありました。それでもやはり、一番バランスが取れているのはM3でしょうか?日本で買おうと思うと、ハルトゲコンプリートは何台輸入されたのかも含め、なかなか稀少度が上がりますね。


BMW3シリーズといえば、世界中でベンチマークになるFRセダン。そのFRセダンを様々なアプローチでチューニングし、世に出しているのがこの3つのメーカーです。M3はGT-Rや911同様ニュルブルクリンクタイムアタックの上位に入る常連メンバー。元々は単なるFRセダンながら、チューンドカーになることでこれほどの性能を発揮できることは、元々のベースとなる車の出来が良いからこそではないかと思います。

現在は、ディーゼルモデルもラインナップするBMWですが、アルピナでは直6のディーゼルエンジンを搭載したD3というモデルもラインナップしています。直6ツインターボディーゼルエンジンは、ガソリンの直6ターボと比べるものではないと思いつつも、非常に気になる一台。なんとそのトルクは、71.4kgにもなります!

またD3に限らず、現行のアルピナモデルは、トランスミッションやDSCなどのプログラムも含め、全てオリジナルのものに入れ替えられていることも多く、目に見えるところがBMWと共有している以外別物と言っても過言ではない一台です。

話しを戻しますが、E46のM3あたりは中古車価格もこなれてきており、メンテなどに時間を費やせることと、良い個体を探すことで、まだまだ楽しく走れる一台。なにより、E90とF82は少し大型化した感も否めませんので、まだまだコンパクトなサイズのM3としてE46は非常に楽しい一台ではないかと思います。

さて、結論ですけれども、個人的な最強の一台はアルピナB3。100ccの排気量アップと80kgの軽量化がどのように作用するのか、ぜひ一度体験したいです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事