次期「スープラ」はHVターボで復活?2018年に登場か!

スポーツカー ギャラリー

活性化してきたスポーツカー事情

ホンダは2016年春頃に新型NSXを発表しようとしています。それと同時に、S2000後継モデル、シビックタイプR、そしてリリース済のS660といった各クラスでのスポーツカーラインナップを完成させる勢い。

対するトヨタは、ホンダ同様に、「新型スープラ」を頂点としたスポーツカーラインナップを描こうとしているようです。スープラ、そしてFT86、噂されている1.5L FRスポーツ、といった具合に。我々ユーザーとしてもかつてのように、各メーカーがスポーツカーで凌ぎを削る状況は非常に喜ばしいものがありますし、また技術革新にも繋がる事象であると期待をするとことです。

【動画】新型スープラと目される、FT-1コンセプト

トヨタは2014年1月のデトロイトモーターショーにて「FT-1」、なるスポーツコンセプトを発表しており、恐らくこれを新型スープラの原型と見て間違いなさそうです。また今回の新型スープラはBMWとの協業で開発されているのも周知の事実です。

ドイツで開催中のフランクフルトモーターショー15にて、トヨタの欧州部門を率いるヨハン・ファン・ゼイル(Johan van Zyl)常務役員は「BMWとの提携は円滑に進展している」とコメントしています。しかし、「スポーツカー共同開発プロジェクトへのゴーサインはまだ出ていない。年末までに共同開発を行うか否かの決定を行う」とのコメントもあり、まだ調整には時間がかかる見込み、2016年と予想されていた発売時期は少し遅れそうで、実際には2018年頃になるのでは、という見方がされています

新型スープラのパワートレインはハイブリッド採用!?

こうしたBMWとの共同開発もあり、パワートレインはBMW製3.0L直6ターボエンジン、加えてトヨタのハイブリッド技術を融合させたプレミアム・スポーツクーペになると予測されています。

実際に、トヨタもレクサスLS600hに使用しているハイブリッドモーターの最大出力は224馬力(最大トルク30.6kg)を発揮してますから、高出力のエンジンとモーターでのシステム出力は簡単に500~600馬力を叩きだすと思われます。

また、そのプラットフォームはBMWが発表しているハイブリッドスポーツ「i8」のものを流用する事も検討されているかもしれません。なぜならば「i8」は、プラグインハイブリッドシステムを搭載するスポーツカーで、231ps/320Nmを発生する1.5L3気筒ターボエンジンで後輪を駆動し、131ps/250Nmを発生するモーターで前輪を駆動するシステムとなっており、今回の新型スープラのコンセプトと極めて親和性が高く、エンジン、モーターをさらにブラッシュアップし、カーボンをふんだんに使った軽量ボディとすれば間違いなく、プレミアムなスーパースポーツとなりうると考えられるからです。

気になる新型の「立ち位置」…

このように期待が膨れ上がる新型スープラですが、気がかりなのはスペックはもとより、その「価格」でもあります。日産のGT-Rはスーパースポーツとして約1000万円、勿論高額ですが、同クラスのクルマとしては、圧倒的に安い、と評価をされています。

ちなみに前述のBMW「i8」はお値段約2000万…。当然スペックとしては「i8以上」のものとしなければならないでしょうから、はたしてそのお値段はどうなるか…。まさかレクサスLFAのように3000万円以上、なんて事はないと思いたいですが…。

プライスに関しては、あくまでも「スーパーカー」ではなく、GT-R同様の「スーパースポーツ」枠に踏みとどまる価格帯を我々一般人は期待するところ…。新型スープラには様々期待と注目を寄せるところですが、スペックと同様に、その「立ち位置」も実に気になるところ、といえますね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事