なぜ新型エンジンにDOHCではなく、SOHCが採用されることがあるのか?

DOHCのメリット

DOHCは、吸気バルブ側と排気バルブ側に、それぞれカムシャフトを備えていることを活かして、近年目覚ましい進化を遂げ、バルブの開閉タイミングからリフト量までコントロールできるようになりました。
この仕組みは、低燃費と高出力を同時に実現しており、日本では、トヨタのVVT、日産のVTCやVVELが代表的です。海外では、特にBMWの「バルブトロニック」と「ダブルVANOS」が有名ではないでしょうか。

SOHCのメリット

では、SOHCのメリットは何でしょうか。それはカムシャフトが一本で済むことにより、シリンダーヘッドをDOHCより小さくすること可能で、部品点数も少なくなるため、直列エンジンにおいては重心を下げることができます。
数多く生産するメーカーにとってコスト的にも有利です。SOHCであっても4バルブ化が可能なことも忘れてはなりません。(メリットとは言えませんが、DOHCとの差を埋める意味で)

次ページそれだけじゃない?SOHCを採用する理由。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事