メーターのハイテク化が止まらない!アウディ、BMW、レクサスのメーターはどう変化する?

アウディ バーチャルコクピットの衝撃

以前も記事にて紹介いたしましたが、「アウディ バーチャルコクピット」は革新的な技術です。いままでのアナログ・デジタルメーターの固定観念を払拭する、またIT世代には馴染み易いと思われる、マルチファンクションディスプレイを採用し、イノベーティブな取り組みを進めています。

アナログ的メーターを廃止し、メーターパネル全面を液晶ディスプレイで構成。車内で別々に存在していたメーター類とカーナビ画面、オーディオユニットなどを統合する事が可能になっております。

これらはステアリング上のボタン、ダイヤルとシフトセレクター後方のコマンドダイヤルとタッチパッドで操作することになりますが、運転中でもスムーズに操作できる仕様。アウディも「マン マシン インターフェイスのまったく新しいページを切り拓いた」と自信を持ってアピールしている新技術となっています。

【動画】アウディ バーチャルコクピット


一般的に高級車といえば、メルセデスベンツ、BMW、というメーカー名が上がると考えられます。その点、アウディの立ち位置、というのが今ひとつ見えにくい、少々曖昧なものでした。しかしそれも過去の話。

「豪華指向、スポーティー」といった高級車の既存の価値観とは違う概念を持った開発によって、他と違った魅力というものが出てきているように思えます。

では他ブランドのハイテク内装事情はどうなのでしょうか?

BMW ヘッドアップディスプレイ

パッと見、一番ハイテク色があるのがこのBMWのヘッドアップディスプレイではないでしょうか。3シリーズにも投入されているこの技術、まるで戦闘機のコクピットのようですね…。

このヘッドアップディスプレイは、フロントガラス上に情報を直接投影することで、前方への意識を逸らすことなくドライブできる技術。車速やナビのルート案内の簡易表示、前車接近警告、曲名やラジオ局のリスト等々、様々な情報を確認することができます。


動画でみていただくと非常にわかりやすいと思います。

このように、通常のディスプレイ類と決定的に違うのが「透過性」といえるでしょう。前方視界を失わずに情報を得る事ができるのが最大のメリット。安全性にも寄与するであろうインフォメーション技術です。

レクサス 可動式メーターリング

NX300h“F SPORT”

国産車のハイテク内装はどうかといえば、レクサスはなんと「可動式」のメーターを投入しています。元々LFAに採用されたギミックですが、F-SPORT仕様に現在では採用されています。

通常はデジタルスピードメーターを内蔵したタコメーターがセンターに配置されているのですが、ステアリングスイッチで「マルチインフォメーションディスプレイ」の表示を選択すると、メーターリングが物理的にスライドし、ディスプレイが現れるようになっているという…。非常に手の込んだ仕様ですね。

RC200tの「F SPORT」では、マルチインフォメーションディスプレイからドライブインフォメーション画面を選択するとブーストメーター、油温計、油圧計を表示。ブーストの状況を視覚で把握する事ができるので、ドライビングプレジャーにも繋がっている装備ともいえそうですね。

【動画】レクサス LFA搭載の可動式メーター


こうしたデジタル表示技術の進化はクルマそのものの進化のスピードよりも早い、と考えられますので、今後の新技術にも期待するところです。

ハイテク内装、インフォメーション分野をチェックしましたが、いずれもドライバーの意識・視線を前方から逸らさないようにする。また必要な情報をドライバーに合理的に提供する、そんなコンセプトとなっていますね。

クルマの進化は走りだけではなく「インフォメーション」分野においても、間違いなく進んできているといえるでしょう。各メーカーがしのぎをけずって新技術を投入していけば、当然私達ユーザーにとっても、デザイン性・視認性に優れ、かつ安全にも寄与する装備が得られるわけです。

クルマの進化でいままで手があまりつけられていなかった、インフォメーション分野ですが、先述のアウディのバーチャルコクピットを皮切りに、大きくイノベーションが進んでいく予感がしますね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事