ターボタイマーはなぜつけるのか?必要なものなのか?

ターボタイマーの役割

ターボタイマーの役割はターボチャージャーの保護にあります。高負荷運転後すぐにエンジンを止めてしてしまうと、エンジンのオイルポンプによるオイル循環が止まってしまうため、高温のタービン軸と軸受メタルが焼き付きついてしまう場合や、高温の軸受周辺に滞留したオイルによりスラッジが発生してしまう原因となってしまうのです。そのためにはアイドリング運転で一定時間冷却をする必要があります。

これを簡単に出来るように作られたのが、現在市販されているターボタイマーなのですね。アフターアイドリングを自動的にやってくれて、一定時間後にエンジンを切ってくれるのです。キーをオフにしてクルマを離れてもエンジンがかかっているという状況は一見不思議ですが、クルマを守るための一つの仕組みと言えるでしょう。

ターボタイマーは絶対に必要なの?

結論から述べると、ターボタイマーはターボ車に絶対に必要なものであるというわけではないです。あくまで高負荷運転の後にアイドリングで温度を落とすことが目的なので手動で行っても効果そのものに変化はありません。

実際に自動車メーカーから販売されているターボ車でターボタイマーが付いていない車が多くあることを考えると、必須ではないことがわかりますね。一方で、メーカーの自動車取扱説明書などには、「長時間の高速走行、高負荷走行を行った後は一定時間アイドリングを行ってエンジンを停止してください」などの注意書きがあります。

数分間の手間ではありますが、ターボタイマーは上記の作業を人間に変わって行ってくれるため、高速運転を頻繁に行うようなユーザーの方には、あった方が便利なツールといえるかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives