スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

ジムニーのエクステリア・内装

ジムニー ランドベンチャー
ジムニー ランドベンチャー
ジムニー ランドベンチャー

ジムニーシエラのエクステリア・内装

ジムニーシエラ
ジムニーシエラ
ジムニーシエラ

軽のボディに小型車のエンジン?

まずはジムニーとジムニーシエラのスペックの違いについて見てみましょう。

【ボディサイズ】
ジムニー:全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,680mm
シエラ:全長3,600mm × 全幅1,600mm × 全高1,705mm

【ホイールベースとトレッド】
ジムニー:ホイールベース 2,250mm
     トレッド 前1,265mm、後1,275mm
シエラ:ホイールベース 2,250mm
    トレッド 前1,355mm、後 1,365mm

【エンジン】
ジムニー:660cc K6A型ターボエンジン
     64PS/6,500rpm
シエラ:1,330cc NAエンジン
    88PS/6,000rpm
 
ジムニーシエラは、ジムニーと同じボディを共用しながら、エンジンとトレッド、全幅を小型車規格を活かして拡大した、まさに兄弟車といえることがわかります。また、シエラがジムニーに対して倍の排気量ながら、ターボの有無で、馬力差は24馬力ほど差があります。

軽ベースの車体にリッタークラスのエンジンを載せた車

実は過去には、ジムニーとジムニーシエラのような「軽自動車ベースの車体にリッターカークラスのエンジンを搭載した車」は、国内にも他にいくつかありました。

例えば、ジムニーのライバルとして流行した "パジェロ ミニ"。パジェロをイメージした車体に軽規格のエンジンを搭載したモデルでしたが、これにも兄弟車「パジェロ ジュニア」がありました。これは、パジェロミニの車体を、ジムニーシエラ同様トレッドを拡げ、1.1リッターエンジンを搭載したものでした。

また、RVモデルではないものの、スバル サンバーにも "ドミンゴ" という兄弟車がありました。ドミンゴは、サンバーの車体に1.2リッターのエンジンを搭載し、乗車人数も7人乗りとしたモデルです。小さな車体ながら、7人乗りという特異なパッケージングで、例えば山間部の旅館の送迎車といった用途でも活躍しました。

いずれのモデルも、軽自動車由来の小さなボディサイズを活かしながらも、エンジンをゆとりあるものにし、トレッドやボディサイズを拡げて走行安定性や衝突安全性を向上させたという点が共通しています。

ジムニーにはない、ジムニーシエラのメリットとは?

ジムニーと比べて、ジムニーシエラの良い部分とはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは、エンジンサイズが大きくなったことによる、高速道路での静粛性が挙げられるでしょう。エンジン排気量が大きく、トルクも若干ですが大きいことから、高速巡航でのエンジン回転数が下がり、ジムニーと比較した場合に静粛性の向上が期待できます。

また、安定性も向上しています。軽自動車規格のジムニーと比較してトレッドが広くなったことから、より踏ん張りがきくようになり、悪路はもちろんのこと高速走行時の安定性が向上しているのです。

衝突安全性能の向上もメリットのひとつです。軽自動車規格に収める必要がないことから、前後バンパーのサイズが大きくとれることで、衝突安全性も向上しています。エンジンのタイプが異なり、シエラは自然吸気エンジンとなりますが、これも大きなメリットといえるかも知れません。

スペック的には馬力もトルクも大差がないのですが、ターボエンジンは過給が始まるまでタイムラグが生じます。特に低速域ではターボが効かず、トルクが非常に細くなってしまいますが、NAエンジンであればしたの回転数からでもトルクが確保できるため、体感では低速域での差がスペック以上に開いて感じられると思われます。

税制面などの不利はありますが、用途によってはシエラのメリットは案外大きいのかも知れません。

カスタマイズベースに最高!ジムニーと比較したジムニーシエラの優位点は?

ジムニーとジムニーシエラ、パッと見はあまり変わらないように見えますが、実はちょっとずつ違いがあります。

いずれにしても趣味性の高い、用途の絞られる車種なだけに、互いのメリットとデメリットをよく検討して、用途にあったモデルを選ぶことが必要そうですね。

世界中で大人気のジムニー、新型の発売時期は2016〜17年!?
新社会人にオススメの中古コンパクトカー10選!

この記事をシェアする

最新記事