発売時期は2017年の何月頃?新型レクサスLCはどのような車になるのか?

まだ見ぬレクサスLC

期待値の高い新型レクサスLC。一体どんな車になるのか、正式発表はまだありません。

そもそも車にはエンジンの排気量などの他に「セグメント」と呼ばれる車格が分けられています。エンジンのサイズだけでなく車体の大きさや車格、そのブランドの中で果たすべき役割など、様々な要素が絡み合ってその車の存在意義を決定するもの。現在のレクサスラインナップで、スポーツ専用モデルとなるRCはトップグレードのFにおいて5リットルという大排気量を搭載していますが、車体自体はISなどと同じミディアムクラスです。

このカテゴリはCセグメントと呼ばれ、メルセデス・ベンツ CクラスやBMW 3シリーズなどと同じなのです。日産 GT-Rやメルセデス・ベンツ SLクラス・Sクラスクーペ、BMW 6シリーズなどはSセグメントからFセグメントにあたり、従来ではソアラの車格を受け継ぐSCが競合するカテゴリでした。

現状では不在となるレクサスにおけるS〜Fセグメントを担い世界のハイエンドモデルと肩を並べるためにレクサスLCは投入されるのではないかと考えられます。

では、肝心な販売時期なのですが、「2017年3月なのではないか。」という見方が強いです。まだ予想の範疇を超えませんが、走行スペック・新機能などいろんな情報を楽しみに待ちましょう!

レクサスLCとはどんな車なのか

レクサスLC

はっきりとはアナウンスされていませんが、予想される価格帯は1000~1500万円と確かにSセグメントにふさわしい価格です。3.5リットル程度のV6にハイブリットを組み合わせた「500H」やRCFと並ぶ5.0リットルV8モデルは500馬力にも達すると噂され、その数値だけでも一流のスポーツモデルである事は疑う余地はありません。

特筆するのはエンジンだけではありません。ここまでの車格になるとその車体も一般の車とはワケが違います。LCはカーボンとアルミニウムの複合ボディになるとの情報も。アルミニウムは溶接がほぼ不可能で、車体の形成が難しく、国産車でこれを採用するのはホンダNSX以外にありません。

単独ですら形成の難しいアルミニウムに、さらに異なる素材のカーボンを組み合わせ、軽量で高強度な車体を作り上げること。これがRCとは異なりSセグメントで他ブランドと競い合う上で重要な「車格」を作り出すポイントと言えるでしょう。

レクサスLCから始まる、新しいレクサスブランド

走行性能だけでなく、ドライバーが日々触れ操作する運転席や車体そのもののメカニズムもレクサスLCでは全く新しいシステムが搭載されるかもしれません。

ご覧の様にレクサスLCのインテリアは、他のどのレクサスとも似つかない独自のデザイン。大きな形状のモニターに加え、手元にはタッチパネルの様な操作モニターらしきものも見られます。しかも、それを囲っているのは艶やかなウッドパネルと上質なレザーのインテリア。最新の機器を備えながらも上質さを演出する素材をうまく組み込ませ、一体感を生むドライバーズシートを作り上げているのです。

またレクサスLCからはサイドミラーが無くなり外観もすっきりとしたデザインになると噂されています。おそらく大小いずれかのモニターはサイドミラーに代わりカメラで後方視界を映し出す様な役割も果たすのではないでしょうか?このシステムは次期LSへの搭載も囁かれています。

スポーツモデルだけでなくフォーマルなセダンにもミラーレスデザインをもたらすこととなると、これからの時代のデザインを切り開き、他ブランドもコレを追従した戦略を取りはじめる可能性も多いにあります。レクサスLCはその第一歩を切り開く重要な役割も果たすことになりそうです。

レクサスLCのライバルとなる車は!?

ポルシェ911ターボSカブリオレ

レクサスLCは性能だけでなく、そのデザインも特徴的。レクサスの定番となったスピンドルグリルはよりいっそう強調され、スポーツモデルの証でもあるメッシュグリルと合わさって強烈なフロントのインパクトを与えます。見事にボディラインに溶け込み、その結果、特徴的なヘッドライトとも見事に組み合わさり、これまでのレクサスとは異なるレクサスLCでしか成しえない「顔」を作り上げているのです。

筆者はその性能もさることながらこのデザインに非常に注目しています。性能にフォーカスすると価格や専用設計と言った観点から、LFAの方が他ブランドとの比較には向いているかもしれません。その場合のライバルはポルシェ 911や日産 GT-Rとなったことでしょう。

しかしレクサスLCはこれまで成しえなかったそのデザインから、ライバルとなるのはむしろマセラティ・グラントゥーリズモやジャガーFタイプといったセクシーさを併せ持つGTモデルではないかと考えます。もちろん性能や車格の面から検討する方法もありますが、あえてその存在の華を引き合いに出した方がレクサスLCの魅力はより輝くのではないでしょうか。

デビュー前のモデルに対して少々気が早いですが、いずれにしてもレクサスLCがあらゆる面でこれまでのレクサスモデル、いや日本製品と一線を画す様な特別なモデルである事は間違いないと思います。2016年登場とウワサされるレクサスLCの動向にこれからも目が離せません。早く実物が見たいですね!

時期も含めて、これからの発表を待ちましょう!

新型レクサスLC500 or メルセデスSL500、あなたはどちらが好み?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事