お値段1000万円以上?フェラーリやベンツは経費として認められるのか?

そもそも「経費」とは?

打ち合わせ等で飲食店を利用し、その中の一人が「ここは経費で落とすから」といったやりとりをしばしば耳にします。この「経費」という響きには、身銭を切っている気配があまり感じられません。そして、お金を払った人は、必ずといってよいほど領収書を手にしているはずです(ビジネスアカウントのカード等で決済する場合は別ですが)。

そもそも経費とは「会社の売上を上げるために直接的に必要なもの」であると言えます。

つまり前述の打ち合わせは、社外の人と業務に関する何らかの会話を行っているはずです。社内の会議室が空いていない、社内では話しをするのが憚れる…等々、さまざまな理由で、打ち合わせ場所として飲食店を利用したことが想定されます。

また、いわゆる「飲みニケーション」が、仕事を円滑に進めるうえで大事な要素となる場合もありえるでしょう。その人の立場やおかれている状況によっては、高級なクラブでの飲食が経費として認められる場合もあるようです。

では、フェラーリやベンツを経費で「落とせる」方法はあるのか?

フェラーリ

フェラーリやベンツが経費として認められるためには「会社の売上を上げるために直接的に必要なもの」だけではなく、それ以上に「会社の売り上げがあるのか」等が求められます。つまり、年収500万円の人が、3000万円のフェラーリを買いたいと思ったとします。この場合、現実的に現金一括で支払う以外に方法がないように、会社の規模によって、落とせる経費にも上限があるようです。

では、前述の条件を満たしているとした場合、フェラーリやベンツを経費として落とせるのでしょうか?

専門家に聞くところによると「会社の売上を上げるために直接的に必要なもの」として考えると、例えばマンガ家であれば、作品を創るうえで必要な素材という解釈であれば問題はないかもしれません。実物をじっくり観察して、細かいディテールを再現する必要もありそうですから、当然といえば当然ですね。

あとは、社員の福利厚生の一環として、フェラーリやベンツや別荘等を社有化する方法がありそうです。この方法で社員のモチベーションアップに繋がるとしたら、経費として認めてもらえるかもしれません。

ただ、この方法の場合、いつでも社員が利用できることが前提となるため、自分のものではないという不便さがあります。

次ページ経費として認めてもらえるクルマとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事