なぜランエボ・ワゴンは海外で人気なのか?その魅力とは?

日常と、非日常の同居がたまらない?!

性能や数値を追求するなら、より剛性も高く採りやすく重量も嵩まないセダンボディを、という方向性になっていくわけですが、そこを敢えてワゴンボディでも出してきた。その心は「日常と非日常の同居」にあると思います。

ワゴンボディのユーティリティの高さは、ご説明するまでもないと思います。日常生活を助けるこの高い実用性を併せ持ったスポーツモデル、というところにこのクルマの魅力の全てが詰め込まれているといっていいです。時にサーキットを攻めるような走りにも十分に応えてくれて、同時にホームセンターで買った小さなタンスくらいは軽く飲み込めるラゲッジスペースをも併せ持つ日常性を一度に得られるというのはちょっと刺激的です。

その意外性というか、人があまり考えつかないようなアイデアを具現化しているところに、きっと外国人も心惹かれるところがあるのだと思います。ましてや欧米人はクルマに対して合理的で、あちらでは日本よりずっと「ワゴン文化」ですから、ワゴンに対する想いは人一倍といってもいいと。

そこに、日本車特有のハイテク武装による素晴らしい動力性能や運動性能が一度に手に入るというのは、やはり魅力的に感じているのだと思います。

それとここまで速い「ワゴン」、ここまで突き抜けた「ワゴン」というのもなかなか世界中を見回しても、他に見当たらなかったりもします。アウディやボルボなども考えられますがより高価ですし、あるいは同じ日本発のインプレッサWRXのワゴンか、ということになるわけです。スタイリング的にもエボワゴンはWRXワゴンより、ずっと四角張って、ワゴンらしいワゴンに見えるというところもまた特徴ですね。

次ページユーザーの年齢に合わせた仕立て

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives