使い勝手、走行性…ステーションワゴンのメリット・デメリットとは?

ワゴンがもたらす豊かな生活感、贅沢なイメージ

レオーネツーリングワゴン

日本におけるステーションワゴンのパイオニアといえば、スバル レガシィの先祖にあたるレオーネ ツーリングワゴンではないでしょうか。

他メーカーのラインナップにも、ステーションワゴンは存在しましたが、当時はまだ商用バンとの区別が曖昧で、ターボエンジンや最新の4WDシステムなどを導入して積極的にステーションワゴンをアピールしたのは、スバルでした。

レガシィ ツーリングワゴンGT

それが一気に花開いたのが、レオーネの後継モデルであるレガシィです。

特にターボエンジン搭載のレガシィ ツーリングワゴンGTは、もともとユーティリティに優れていたレガシィに、RSグレードから引き継いだツインカムターボエンジンにフルタイム4WDをドッキング。

当時、国内2リッタークラスでは最強レベルのエンジンと、スバルがコツコツと築き上げていたツーリングワゴンの組み合わせは、まさに鬼に金棒でした。

高い実用性に、強力なエンジンがもたらす性能。そして、走りが楽しめるクルマであると同時に、ラゲッジに荷物を積め込んで、週末に別荘やリゾートに向かうという、ちょっと贅沢な生活感をほのかに感じさせる佇まいが、なにより贅沢に思えたものです。

レガシィ ツーリングワゴンとゴールデンレトリバー、レガシィ ツーリングワゴンと自転車。そんな組み合わせがそこはかとなく、ハイソカーの次の日本人の新しいアーバンライフを印象づけました。

デメリット、あるとしたら?

アコードワゴン

例えば、同時期に発売されていたホンダのU.S.アコードワゴンなどは、スタイリッシュなステーションワゴンとして人気を集めました。ユーティリティを重視したステーションワゴンという本来の目的の他に、セダンよりも自由にデザインできるというアドバンテージがあったことは確かです。

その流れもあって、歴代アコードワゴンは、どちらかというとユーティリティ以上にデザインや「ほどよい雰囲気」を重要視し、積載能力では他車種に譲ることを最初から承知しているようなところもありました。

セダンをベースにしているため、基本的な動力性能や運動性能に関しては、セダンに見劣りしないものがありますし、広いラゲッジスペースに豊かな印象のデザインや雰囲気など、気に入ってしまえば、ステーションワゴンにデメリットはほとんどありません。

ただ、多くのステーションワゴンがFF車だったことで、ラゲッジルームに荷物を満載すると、後ろへとバランスが移動してしまい前輪が比較的空転しやすくなるという、傾向があったのは確かです。

しかし、そこが気になるオーナー向けには、4WDモデルの設定や、そもそもFRで作ったステージアやクラウン エステートといったモデルもあり、ユーザーのニーズによって選べるほどのラインナップが揃っていました。

また、セダンではあるはずの後席とトランクの隔壁がなくなるため、剛性面への心配もありましたが、ここは最初からワゴン前提の設計を施すことでほとんどの車種、メーカーがクリアしていたと言えます。

その代わり、どうしても容積が大きい分、車重が多少増えるという問題は避けようがありませんでした。

次ページよりユーティリティを求める市場傾向により減退したステーションワゴン

この記事をシェアする

最新記事