なぜ高級車はワイパーを立てることができないのか?

ワイパーの種類

言わずと知れたワイパーですが、実はいくつか種類があります。一般的なのは、2本のワイパーが同じように右、左と並行に動くタイプですが、1本や3本タイプ、さらに2本が対称の動きをするものもあります。

有名なベンツの1本ワイパー

メルセデス 124シリーズ

W124〜W210の少し古いベンツは、1本ワイパーでした。

これは、ワイパーアームを伸縮させることで拭きとり面積を大きくし、高速でも浮きにくいというメリットがありました。簡単に説明すると、ワイパーアームが届きにくい左右上方のときにアームを伸ばして、拭き取り面積を大きくするわけです。

ところが、この伸縮を制御するギアには負荷がかかりやすく、故障の原因となることも多かったため、新しいモデルでは一般的な2本ワイパーに変更されています。

ウォッシャー液が出るワイパー

メルセデス SLクラス R231

ベンツのSL(R231型)などは、ウォッシャー液がワイパーブレードから出る仕掛けになっています。

これはワイパーブレードに配置された穴から、ワイパーの動きに合わせてウォッシャー液が出るもので、ウインドウの汚れ具合、温度、走行速度などの運転状況に応じて噴射量を制御したり、オープン時には少ない量で室内に飛び散らないようにするなどの機能も備えています。

次ページワイパーを立てる意味って何?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事