セダン不況のなか、WRXが販売を続ける理由とは?人気の秘密に迫る

ヨンクにターボの速いエンジン、そして居住性…まさに黄金比を実現!?

スバル WRX S4 2015

速いクルマが欲しい人は、必ずしも狭くて使いづらい2ドア車を求めているわけではありません。

どちらかというと、金銭的にも余裕があった上で高性能車が欲しいと考えた場合、やはり家族や同乗者に我慢を強いるわけにはいかないと考えるでしょう。時にはゴルフバッグを積んで出かけることだってありえると…。

そんな時、やはり4ドアセダンの実用的なパッケージングを持ち、かつ速いクルマが現実的なチョイスになってくるわけです。速い=やせ我慢はしないと。

スバルWRXのS4は、334.8万円(2017年2月現在)からの展開になっていますが、この価格帯で、あるいはそれ以下で、この性能と居住性をバランスさせた車種というのはあまり見当たらないわけです。

国内屈指の加速性能や動力性能、旋回性能と、スバルお得意の運転支援システムまで組み合わせて全天候型、全方位網羅のスポーツセダンがこのお値段というのは、まさにお値打ちです。

つまり、スポーツセダンとして”死角”がない。

安くて速くて安全性も高く、さらにはATも選択できるため、簡単にその速さ、性能を享受することができる。こうしたところは日本車の得意分野そのものではあります。そして決してクオリティーが低いわけではなく、むしろそうした点ではとくに欧米で高く評価されてもいるわけです。

あらゆる点で説得力があり、商品としての魅力が非常に高い。これが今のWRXの真実と言えるでしょう。

スバルの営業マンが、「いやーここまで評判が良くなるとは…」と口にしていました。思わず口走ってしまったという感じですが、冷静に見てみると評判を得るだけの要素は備えているのです。

そんなスポーツセダンのWRX、どういった購買層をもっているのでしょう?

次ページ大人になったらスポーツセダン?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事