ベンツ、BMW、アウディ…300万円以下で買える輸入車10選!

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ

228万円〜

ゴルフと並ぶフォルクスワーゲンの主力モデルである「POLO」。1.2Lのエンジンを搭載するコンパクトカーで女性の人気が高く、日本での年間販売台数は常に1万台を超えています。現在、4つのクラスが販売されており、SUVの個性をプラスしたCrossPoloも人気が高いです。

BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズ

298万円〜

BMWにもついに300万円を切るモデルが誕生しました。2015年5月に発売した新型「BMW1シリーズ」の中で、1.6L直列4気筒ターボエンジンを搭載したエントリーモデルの「118iスタンダード」が車両本体価格298万円と300万円を切りました。

その低価格の理由は、国産車からの乗り換えを考える若者をターゲットにしたため。この値段でも十分すぎるほどBMWを感じられる一台です。

メルセデス・ベンツ Aクラス

Aクラス

298万円〜

そして今では300万円でベンツにも乗れるようになりました。メルセデスベンツAクラス。とにかく「高級車」というイメージがとても強かったメルセデス・ベンツが、車の低価格化の流れを受け、イメージを一新させるために設定したのがこのAクラス。

ハッチバックのコンパクトスタイルで女性にも乗りやすく、買い物にはもってこいの車です。値段が下がっても安っぽくなることはなく、やはりベンツの力を見せつける一台です。


アウディ A1

A1

249万円〜

なんとアウディが250万円を切りました。既存の1.4Lターボモデルがマイナーチェンジを受けたタイミングで追加されたのが1L3気筒ターボエンジンの「1.0 TFSI」。

2ドアのコンパクトカーで、家族で出かけるには少し小さいものの、若いカップルやお買い物にはちょうどいい大きさ。小さいながら見た目の高級感はさすがアウディの貫禄です。

ミニ ONE CROSSOVER

275万円〜

5人でもゆったり乗れるミニのクロスオーバーは根強い人気です。現行モデルではカスタムがかなり充実し、自分だけの車が作れるという楽しみがあります。

カラーバリエーションも豊富で、女性らしいかわいいイメージから、アグレッシブでアウトドアなイメージまで、自分好みのミニが見つかります。一度ミニに乗ったユーザーはその先もずっとミニに乗る傾向があるほど魅力の溢れる車です。

フィアット パンダ

213万円〜

おぎやはぎ矢作の愛車としても知られるフィアットパンダ。その名の通り、パンダのような愛くるしさを持つデザインの車です。

このかわいいイタ車に213万円、マニュアル車ならなんと199万円と200万切りで乗れるんです。SUVテイストのpanda4×4やアドベンチャーも登場し、男女どちらからも人気を得ています。

ルノー カングー 

215万円〜

こちらは都心の花屋さんや、スタイリストなど、おしゃれな職業の方たちに人気のカングー。

その独特なデザインは代官山のカフェの前に止まっていても絵になる芸術性のあるスタイルです。天井が高く、居住空間も広々で、家族でのお出かけにも適しています。人と違う車に乗りたい方、おしゃれでカジュアルに乗りたいという方にはおすすめ。

プジョー 208 

227万円〜

本格的な走りができるコンパクトカーで、さらに他とかぶりたくないという人にはプジョーがおすすめ。プジョーの新型エンジンは小排気量エンジンながら、1.2Lとは思えないパワーを発揮します。

剛性も高く、国産車にはない安定感のある走りを楽しめると評判です。

フォード エコスポーツ

246万円〜

アメ車のSUVだって300万円以下で乗れます。

フォードエコスポーツは、フォードのSUVの中で最もコンパクトなSUV。コンパクトSUVとしての扱いやすさに加え、座席がセダンとミニバンの中間で乗り降りがしやすく設計されています。現代のSUVとして、基本は街乗りを目的に作られていますが、悪路での走行性能も高いです。



いかがでしたか?気になる車は見つかりましたでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事