日本のスーパーカーGT-R・・・しかしなぜ4シーターにこだわるのか?

そもそもがセダンベース

プリンス自動車は高い技術力をもったエンジニアを擁し、皇室向け御料車や高い性能を持つ乗用車を輩出します。

スカイラインとはそもそもスポーツカーというより、ツーリングカーであり、そのスタイリングもどちらかというと控えめ、しかし実用的なセダン型でありながらスポーツマインドを盛り込んだ、いうなれば家族持ちのためのスポーティカーという位置づけだったと思います。

スカイラインの初代GT-Rが誕生した頃の日本のモータリゼーションはまだまだ発展途上で、「国民車」という概念が根強くありました。それはあくまでも自動車とは実用のための道具であり、大衆の生活の便利な足であることを最大の目的としたクルマ作りがおこなわれていたわけです。

しかしそんな中に登場したスカイラインGT-Rというクルマは、実用的なセダンをベースとして当時としては破格のスポーツエンジンを心臓に据え、人を運ぶという「機能」とともに「速さ」という機能を付加した、当時からプレミアムカーとしての地位がすでに確立されていました。

レースにも出て幾多の名勝負を繰り広げた活躍ぶりはのちに神話となり、GT-Rの歴史的な栄光を不動のものにしていきます。

しかしそれはあくまでもセダン、あるいはクーペであって、実用性もそのまま残っている。

そこに日本人は強く惹かれます。「羊の皮をかぶった狼」。戦争というものを体験していた当時の日本人は、戦う上での本来の強さとは、敵を欺くことだということを、よーく知っていた。見た目は普通のクルマだが、じつは最高峰のエンジンで抜群の性能を持つ、という姿こそ、「戦いのポリシー」そのものだったのかもしれません。

初代のポリシーを受け継いだR32型

80年代後半から90年代前半にかけて、日産はクルマ作りに突然目覚めてしまいました。走りを良くし、デザインや内装も魅力的にして、自己満足に終わらない、顧客の求める商品を具現化することに彼ら自身が喜びを感じている時期でもありました。901運動のもとフットワークの良い、ハンドルを握ることそのものに魅力を感じられるクルマが多数輩出されたことは何度かご紹介してきました。

R32型スカイラインが登場したのもそんな勢いのある時期、平成元年のこと。日産にはやはり歴史があり、その歴史の中で生んできた栄光や、歴史的資産というものがある。その観点から「GT-R」というブランドの復活は心待ちにされ、また、満を待しての登場に誰もが諸手を挙げて喜べました。あの頃の日産をもっとも強く象徴する一台でしょう。

当時における現代のスーパースポーツとして、2.6リッターツインターボエンジンをはじめ、フルタイム4WDのアテーサETS、スーパーハイキャスなどのハイテクを用いて、レースに勝つことをひとつの目的としたクルマとして仕上げられたのです。

そしてその目覚しい活躍ぶりは、新生GT-Rの名声をより確かなものとさせたのです。

R32型GT-Rもまた、やはり当時の乗用車としては抜群の性能とそれを十全に発揮できる基礎体力を兼ね備えた素晴らしい「スーパーカー」でありながら、やはりベースとなったのは4座の2ドアスポーツクーペ(ベース車は5座)。フェアレディZには2シーターがあるのに、よりストイックなGT-Rが4座というのは、やはりどこか違和感があったかもしれませんが、あくまでも実用的なクルマをベースに作る、という初代からのポリシーを引き継いだ結果といえるでしょう。

やはり「羊の皮をかぶった狼」であろうとしていたわけです。

現代のスーパーカー、日産GT-R・・・やはり4座

GT-R

ある人はGT-Rについて、こう表現しました。

「GT-Rとは究極のツールである」

ハイパワーエンジンに全天候対応可能な4輪駆動、そして4人の大人を収容できる実用性ある室内、トランクスペースなど、あらゆる面で性能と実用性のバランスを最大限高めて、突き詰めたカタチこそがGT-Rなのである、と。

世界のスーパーカーはやはり2シーターが多いですし、なにかと不便なところが多い。ま、そこは持ち主の生活観を表していて、いうなればセレブ向けの商品ですからそれでいいということなのでしょうが、GT-Rが向いている方向はそちらではないということですよね。

あくまでも人が便利に使えてしかも高い性能を保証できる究極のツール、道具としてのポリシーを貫こうとしている。その点、もしかするとポルシェあたりと通ずる考え方があるのかもしれません。911などはあくまでも4シーターですよね。

そんなマルチパーパスなスーパーカーこそがGT-Rの魅力の源泉かもしれません。

そこには初代GT-Rが持っていた「羊の皮をかぶった狼」というポリシーがやはり根っこにはあって、これみよがしではない、機能を最大限追求することこそが日本人が作るスーパーカーなのであるという自負や矜持のようなものがあるといっても過言ではないでしょう。

GT-Rがなぜ4座なのか、この一点を掘り下げるだけでも、GT-Rというクルマの新たな魅力が見えてくるような気がします。

<前田恵之進>

GT-R
日産 | GT-R
618.0万円
年式:2010年
走行距離:0.6万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
926.0万円
年式:2015年
走行距離:1.1万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
798.0万円
年式:2014年
走行距離:0.8万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
768.8万円
年式:2012年
走行距離:0.4万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
479.9万円
年式:2008年
走行距離:4.5万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
478.7万円
年式:2007年
走行距離:1.7万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
応談
年式:2015年
走行距離:0.4万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
1049.0万円
年式:2016年
走行距離:0.1万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
747.0万円
年式:2013年
走行距離:0.5万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
応談
年式:2014年
走行距離:1.2万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
798.2万円
年式:2015年
走行距離:0.8万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
648.0万円
年式:2008年
走行距離:交換車
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
685.0万円
年式:2011年
走行距離:1.6万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
628.0万円
年式:2010年
走行距離:5.1万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
589.0万円
年式:2008年
走行距離:交換車
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
630.0万円
年式:2008年
走行距離:5.2万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
718.7万円
年式:2013年
走行距離:0.9万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
529.8万円
年式:2011年
走行距離:交換車
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
718.7万円
年式:2010年
走行距離:2.7万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
828.0万円
年式:2013年
走行距離:0.9万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
530.0万円
年式:2008年
走行距離:交換車
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
577.0万円
年式:2008年
走行距離:1.6万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
748.0万円
年式:2014年
走行距離:1.8万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
958.0万円
年式:2016年
走行距離:0.7万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
678.0万円
年式:2011年
走行距離:3.7万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
498.0万円
年式:2008年
走行距離:1.3万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
528.0万円
年式:2008年
走行距離:2.0万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
538.0万円
年式:2008年
走行距離:1.0万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
498.0万円
年式:2008年
走行距離:3.4万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
498.0万円
年式:2008年
走行距離:3.4万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
757.0万円
年式:2007年
走行距離:交換車
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
758.0万円
年式:2014年
走行距離:1.4万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
応談
年式:2008年
走行距離:6.3万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
789.5万円
年式:2014年
走行距離:1.7万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
550.0万円
年式:2008年
走行距離:4.3万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
888.0万円
年式:2011年
走行距離:6.7万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
858.0万円
年式:2015年
走行距離:0.3万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
888.0万円
年式:2015年
走行距離:0.9万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
1098.0万円
年式:2008年
走行距離:2.2万km
詳細を見る
GT-R
日産 | GT-R
919.9万円
年式:2014年
走行距離:0.9万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事