スポーツカーはやはりMTで乗るべきなのか?ATでの楽しみ方は?

息を吹き返してきたスポーツカー事情

2013 Honda S660 Concept (2013 Tokyo Motor Show)

ガソリン高騰や不況、価値観の変化などにより若者のクルマ離れが進み、スポーツカーラインナップが各メーカーとも消滅。
エコカーや軽自動車が主流の時期が長らく続きましたが、トヨタが86を復活させ、マツダは新型ロードスターを発表、ホンダはマクラーレンと再びF1に参戦し、ビート後継のS660やNSXといったスポーツカーが続々と復活を遂げようとしています。こうした流れはクルマ好きにとって歓迎すべき事でしょう。
また、興味深い事に、これらスポーツカーには必ずAT設定があります。

スポーツ走行とATの微妙な関係

スポーツカーがATだと、なぜネガティブにとられてしまうのか。これは、かつてのスポーツカーに多く採用されていた「トルコンAT」のスポーツ走行との相性の悪さが挙げられるでしょう。

駆動ロスが多く(燃費も悪化)、また変速が遅く、速く走ろうにも思うようにシフトをコントロールできない掻痒感が非常に大きかったわけです。日常使いの面でも、追い越し時にアクセルを踏み込むと、一瞬遅れてキックダウンが起こり、ようやく加速していく為、高速の合流時等に少々怖い思いをした方、多数おられる事でしょう。

他方でMTは、アクセルで思いのままにエンジンを回転させ、それを自分の意思でダイレクトに駆動につなげていける。まさにそうした爽快感があります。日常の走行シーンでも、自分の意志が素直に反映されるため、キビキビと走れます。そうなると実際にサーキットやスポーツ走行でどちらが速いか、議論の必要もありませんでした。

次ページ進化を続けるのはむしろAT!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事