次世代スポーツカー『トヨタ 86(ハチロク)』乗るならどのグレード?

伝説の名車を現代の技術で継承する「86(ハチロク)」

トヨタ ハチロク

86はトヨタが車離れの進む若者にもう一度車に興味を持ってもらうため、「車を運転する楽しさ」を感じてもらうため、こだわりにこだわり抜いた現代のスポーツカーです。

超低重心の水平対向エンジンの採用し、トヨタの直噴技術であるDS-4の改良版、次世代D-4Sを組み合わせて高性能と低燃費を実現。低回転時の振動やノイズをかなり低減させ、中低速レスポンスも格段に向上させました。これはトヨタのFRスポーツカーの原点である『ヨタハチ(トヨタ・スポーツ800)』の水平対向エンジン+FRレイアウトの復活でもあります。

この世界で唯一のレイアウトとなる、水平対向エンジン&D-4S+FRで、欧州スポーツカーに負けない高性能と、現代の環境に適した次世代スポーツカーとなったのです。

さて、そんな86のグレード、価格は、GT Limitedが317万円、GTが298万円、Gが248万円、その違いはどこにあるのでしょうか?

基本となる標準グレード「G」

86 G

全長4240×全幅1775×全高1320mm、1998cc、6MT/ATは全グレード共通。
「G」は、16inタイヤ&アルミ・ホイール、電動格納式ドアミラー、ワイヤレスドアロックリモートコントロール(盗難防止システム付)、マニュアル・エアコン、2スピーカー(オーディオレス)などを標準装備。

一番人気の「GT」

ハチロク GT

「GT」は、「G」をベースに、ヘッドランプをハロゲン式からプロジェクター式ディスチャージ・ヘッド・ランプへ変更し、タイヤとホイールは17inへとインチアップされ、エンジンをかけるのがボタン式になり、コンライト、左右独立温度コントロール・フルオートエアコン、パーキングブレーキレバーおよびスポーツアルミペダル、本革巻きステアリング、プライバシーガラス、トップシェイド入りフロントガラス、フレームレス防眩ルームミラー、ルームランプ、運転席・助手席照明付バニティミラーなど、豪華装備を標準装着した上級グレードになります。さらに2015年モデルからは、センタークラスターやドアグリップなどに高輝度シルバーメタリック塗装を施され、8スピーカーとクルーズコントロールが標準装備されました。

最上級グレード「GT Limited」

ハチロク GT

「GT “Limited”」は、「GT」の装備に加え、内装は本革とアルカンターラのシート表皮(ブラックとレッドの2色設定、シートヒーター付き)に変更され、外装は純正リアスポイラーとフロアアンダーカバーを装着し、リアフォグランプ、さらに専用の高摩擦ブレーキパッドを標準装備するなど、最上級グレードの仕様となります。


もっとも売れているのは「GT」。確かに必要なものがちょうどよく揃っている印象です。Gで気になるのはマニュアル・エアコンでしょうか…。「GT “Limited”」のリヤスポイラーの有無も好みが分かれるところだと思います。

「自分だけの1台を楽しみながら育てる」という意味では、一番いじりがいがあるのが「G」、とにかく86に乗りたい!という方には「GT」、ちょっと優雅に乗りたい方には「GT Limited」でしょうか。

あなたならどのグレードにしますか?

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事