年収300万あればスーパーカーに乗ることができるのか?

新車で所有するといくらかかるの?

日産 GT-R

一口にスーパーカーといってもその価格は様々です。ホンダ NSXや日産 GT-Rなどのように1千万円前後で購入できる車もあれば、ブガッティ ヴェイロンのような2億円もする車も存在します。

また、厳密には車に使えるお金は年収というよりは自由に使えるお金=可処分所得がどれだけか、ということが重要になります。スーパーカーの中でも比較的価格が低めの日産 GT-R、を購入する場合、いくらほどかかるでしょうか。

乗り出し価格が1,200万円だとすると、5年ローンで年間240万円、維持費は年間100~200万円と言われていますから、およそ年間400万円前後の支払いとなります。この金額を可処分所得で、毎年まかなう計算になります。

当然、生活費などの費用も同時にまかなえるのかを考えなければなりませんから、スーパーカーを購入するために必要な平均年収を算出するのであれば約900万円程度が必要となってきます。しかし、年400万円前後でまかなえるスーパーカーだと、ある程度のランクが限定されてしまいます。フェラーリ、ヴェイロン、ランボルギーニといった、さらに上のランクの車種となると、新車価格だけで3,000万円以上しますから、更に必要な金額はそれに比例して跳ね上がるでしょう。

スーパーカーオーナーの実態は?

スーパーカーの持ち主の平均購入価格は900万円程度、平均年収も900万円程度で、400万円の可処分所得がそこから捻出されているようです。

しかし、スーパーカーの持ち主の年収の実態は、300万円~3,500万円と10倍もの開きが存在します。「年収300万円でスーパーカー!?」と驚かれる方もいるかと思いますが、中古スーパーカー店では96回ローンを設定していることもあり、例えば、コミコミ850万円の中古のフェラーリF360モデナであれば、頭金なし月約9万円で所有することも可能なのです。

実は中古購入のほうが良い?

ランボルギーニ・ムルシエラゴ

とはいえ、海外のスーパーカーを新車で購入する場合、もう一つ考慮すべきことがあります。それは故障の多さです。スーパーカーはその見た目と性能とは裏腹に、手作りで作られていることもあり、一般大衆車と比べてはるかに故障の多い車なのです。

ランボルギーニムルシエラゴの新車購入後の年間維持費は人が1人雇えるくらいの金額(=400万円)という噂もあるぐらいです。ところが、オーナーさんたちは修理をしながら乗ることになるため、結果的に中古車市場には、ある程度の修理が行き届いた車が並ぶことになります。

よって、あまり走ることなく展示されていたような車よりも、ある程度走り込んでいる車の方が維持費が掛からないと言われています。

次ページさらに、スーパーカーならではのお得な状況も!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事