スマートキー&スターターボタンが一般化した背景には一体何があるのか?

キーを回す、エンジンが目を覚ます…

一台一台異なる溝の彫り込まれた金属のキーをシリンダーに差し込んで回す。愛車とのファーストコンタクトはもしかするとこのキー操作と言えるかもしれません。それは自分と愛車を繋げる唯一の証明であり、絆の証し、なんていうとちょっと大げさでしょうか。

しかしドアキーを開錠する際に手がふさがっていたり、雨に降られて急いでいたりするときにこのキーをポケットやカバンから探し出し、しかも慌ててキーシリンダーを回したりするとうまく開錠できなかったりして面倒なんですよね。そこでキーレスエントリーという便利なアイテムが誕生するわけです。

自分の買った愛車に初めてキーレスが付いてきたときは、けっこう喜べたものです。人前で自慢げにキーレス操作をして開錠施錠をしてみたりして…。思い出すとちょっと気恥ずかしい、時代を感じさせる光景ですが、懐かしい記憶の一部です。

金属製「鍵」ではない電子キーの登場

90年代後半、メルセデスベンツのエレクトロキーは日本で初めて金属の鍵を必要としないキーだったのではないでしょうか。日産にカードエントリーシステムなどもありましたが、あくまでドアの開錠にとどまり、このエレクトロキーのようにエンジン始動までを金属の鍵なしに、電気信号により完結できてしまうものはなかったと記憶しています。

これはもちろんセキュリティの観点から必要に迫られたものです。金属製のキーは頑張っても窃盗犯の手にかかるとあっさり開錠されてしまう。様々トライがなされましたが、イモビライザー機能を搭載しても効果が上がらず、結局は完全な電気信号による暗証という手法に出る他なかったわけですね。

またこのタイプで特徴的だったのは、イグニッションキーを回すという行為はあくまでもスターターモーターの電源オンでしかなく、手を戻してもスターターモーターがエンジン始動まで自動的に回り続けてくれる仕組みとなっていたことです。

キーを回すという行為、操作ロジックでありながら、じつは現代のスターターボタンに等しい「作動」をしていたわけですね。

エンジンマネージメントシステムの高度化もかなり進んでいたと言えます。

次ページそしてスマートキー登場!

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事