4WSはなぜ消滅したのか?

4WSの存在理由と存在目的

トヨタ アリストに装備されたARSも、どちらかというと日産のHICASに近い狙いの後輪操舵システムでした。

このクルマはスープラと同じエンジンを搭載したハイスピードサルーンですから、高速時の安定性やレーンチェンジ時の車両制御などに効果があるとされていました。とはいえ、マイナーチェンジ時の資料を読み返すと、「ARSのセッティング変更」という項目があったりと、まだまだ試行錯誤が続いていたことが見て取れます。

そして、やはりこのアリストのARSにもアフターパーツとしてキャンセラーというものが存在しており、いまいち十全の信頼を得ていたというわけではないようです。

しかし、どうしてそこまでしてメーカーは後輪操舵に拘るのでしょうか。

やはり付加価値なのか?

4WS

当時の4WS(後輪操舵)は、前述したよう制御が追いついていませんでした。そのため、日常領域でその存在の恩恵を享受できる、それを強く体感できるシーンは極めて少なく、ドライバーの感じる違和感というデメリットのほうがクローズアップされる結果になったのです。その意味で、一部では"付加価値”として認識されるようになりました。

しかし、電子制御技術が進化したことで、車両の安定性を高める装置として、ここ数年4WSがふたたびスポットを浴びています。直噴エンジンもそうですが、登場当時はエンジニアの求める理想に技術が追いついていなかったことが一度消滅した原因なんですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事

         
    アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives