新型NSXとS660の中間モデル、”小型のNSX”は本当に発売されるか?

小型NSXの開発が決定!

2015年内に発売されたホンダ 新型NSX。

そんなNSXの小型バージョンモデルの開発が決定したようです!

小型NSXは2015年4月に発売されたS660と新型NSXの中間に当たる、ミドルサイズスポーツカーとなります。価格も両車の中間である500万から600万円ほどとなり、NSXよりも一般層に向けたモデルになることが見込まれます。

新型NSXの技術を受け継ぐ

小型NSXは、新型NSXに採用される多くの新技術を受け継ぐ車になるようです。

例えば、アルミニウムによる軽量ボディ、SH-AWD、9速デュアル・クラッチ・トランスミッションなど。NSXの走行性能を十分に維持したまま、さらなる小型化の実現を目指しています。
名前の通り、新型NSXをそのまま小さく手頃にした車といったイメージですね!

ただ、エンジンはシビックタイプRに使用されているものを採用。ミッドシップ・レイアウトでシビックタイプRと同じ2.0L直噴ターボエンジンを、縦置きで設置するという小型化に合わせたものになりそうです。

より多くの人に向けたスポーツカー

新型 NSX

実はこの小型NSXは2006年ごろに一度開発が検討されており、一度は中止となった計画が今回復活したようです。

新型NSXと同じく、小型NSXも北米での販売を主として考えられています。新型NSXはホンダブランドではなくアキュラブランドから発売されるため、北米のホンダではスポーツカーがない状態。

アキュラから高級スポーツカーを出しつつ、ホンダからより手の届きやすいピュア・スポーツカーを発売するといった戦略のようです。

ライバルはポルシェ ケイマン アルファロメオ 4C

小型NSXがライバルとして据えるのはポルシェ ケイマンとアルファロメオ 4C。

どちらもMRかつミドルサイズであり、小型ピュアスポーツカーを代表する車種です。しかし、小型NSXはこれらのライバルたちより優れた走行性能はもちろん、環境性能も意識しており、まさに次世代のスポーツカー!

発表は新型NSXの販売が落ち着く2018年ごろに予定されています。トヨタの新型スープラもその時期の発表が予定されているため、2018年はミッドサイズスポーツカーが盛り上がる年となりそうです!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事