ランクル プラドとランクルは何が違うのか?

ランクルプラドの起源は?

ランドクルーザープラドの起源は1984年から発売されていたランドクルーザー70系の派生系、ライト系に遡ります。
それまでのランドクルーザーを引き継ぐのがヘビー系であり、ライト系はその小型版です。

2ドアで設定されていたライト系でしたが、1990年4月に4ドアのセミロングタイプが登場します。そしてこれがプラドという名称で呼ばれることになったのです。
そもそも軍隊用に開発された本格四駆であるランクルを、よりSUVとしての需要に応えるために乗り心地やサイズを改良したのがランクル プラドということです。

特徴的なのはフロントデザイン!

ランクルプラドの外観で特徴的なのがフロントグリルのデザイン!通常のランクルは横に配列されたものや格子柄のものが一般的です。しかしランクルプラドのフロントグリルは縦置きと個性のある配置になっています。

ランクルプラドのフロントグリルが縦に配列されるようになったのは1996年に登場した2代目の90系からです。日本国外向けモデルと3ドア車限定で縦置きのフロントグリルが採用され、その次の代の120系からは全面的に現在の縦置き配置になりました。

SUVらしい力強さを感じるデザインですね。

ランクルの小型SUVであるプラド

ランクルプラドはランクルよりも小さく小回りの利く「SUV」となっています。

小さいランクルという位置づけで登場したランクルプラドですが、現行のプラドは4760×1885×1850mmと、SUVの中でもなかなか大きいサイズです!もちろん4950×1970×1880mmというSUV最大の大きさを誇るランクルには及びませんが…。

ランクルの中でもSUVとしての使い勝手の良さを考慮し、ランドクルーザー70系のサスペンションを軽量化、パワートレインはハイラックスサーフなどと同じものを搭載しています。2代目の90系の時にはライバルであったパジェロからシェアを奪うという人気ぶりでした!

現行国内向けモデルではすべて5ドアとなりました

これまでは3ドアショート車を販売していたランクルプラドでしたが、2009年から販売されている現行モデル150系では3ドアショート車は国外向けモデルのみとなりました。写真は120系の3ドアショート車です。この代からランクルプラドにイモビライザーが採用されています。

2015年現在発売されているランクルプラドでは燃費性能の向上やミリ波レーダーなどによる安全性能の向上、オンロードオフロード両方での走行性能の向上と、様々な面での改良が進んでいます。単なる小さなランクルではない優れたクルマです!

以上、プラドとランクルの違いについてでした。

ランドクルーザー
米国トヨタ | ランドクルーザー
598.0万円
年式:2015年
走行距離:不明
詳細を見る
ランドクルーザー
米国トヨタ | ランドクルーザー
249.0万円
年式:1990年
走行距離:30.7万km
詳細を見る
ランドクルーザー
米国トヨタ | ランドクルーザー
598.0万円
年式:2015年
走行距離:46km
詳細を見る
ランドクルーザー
米国トヨタ | ランドクルーザー
578.0万円
年式:2015年
走行距離:528km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事