なぜ?発売停止のランボ カウンタックが新車状態で買えるらしい!

1990年に発売停止したカウンタックが…

カウンタック

いつまでも色褪せない圧倒的な存在感のカウンタック。LP400の発売当時の販売価格は2000〜2500万円で、これは現在の価値で換算するとなんと5000万円以上!

誰もが憧れたカウンタックは当然ながら、もう新車としては手に入らないはずですが…。

いったいなぜ?

カウンタック

その答えは当時の日本のバブル景気にあります。スーパーカーブームの後に起こったバブル景気により、なんとカウンタックの所有台数は日本がナンバーワンでした。

もちろん純粋に愛車として購入した方も多かったのですが、商社や資本家たちが投機目的で大量のカウンタックを購入。その時のカウンタックが誰の手にも渡らず現在まで倉庫で保管し続けられていました…。

そんなカウンタックたちが市場に稀に市場に登場する、というカラクリです。

他にも…発売停止モデルが新車で買えるカラクリ

カウンタック

ランボルギーニ カウンタックの他にも発売停止モデルが、新車として買える車がありました。

それが日産 フェアレディZ31。Z32が発売されているにも関わらずZ31が新車として購入出来たのです。輸出された欧州向けの左ハンドルモデルが逆輸入で日本に帰ってくるというからくり。わざわざそんなことしなくても…といった感じですが稀少性はバツグンです。

スーパーカー界の絶対的な王者カウンタック。そのカウンタックを新車として手に入れることが出来るかもしれないないんて、夢のある話ですね。

世界に一台のみ!? ランボルギーニ"イオタ SVR"が日本で販売中…その正体とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事