ランエボ、EG6シビック、シルエイティ… 頭文字D(イニD)登場車、人気の5選 第二弾!

中里毅:BNR32 スカイラインGT-R V-specII

群馬県妙義山周辺をホームとする、少々ガラの悪い連中が揃う妙義ナイトキッズのリーダー中里毅の車です。1989年に先代KPGC110の生産終了より16年ぶりにGT-Rとしては3代目として発売されました。日本製スポーツクーペの常識を破る超ド級のスペックを与えられ、ストリートでもレースでも向かうところ敵なしだった異次元のスーパーマシンです(V-specⅡは94年発売)。

佐藤真子:日産シルエイティ

イニシャルDでは数少ないレディースドライバーの一人、「碓氷峠最速」の佐藤真子が乗る車です。

見た目は清楚で可愛らしい女子ですが、そのドライビングは豪快そのもの。シルエイティとは日産・180(ワンエイティ)SXの車体にシルビアのフロント部分を合体させた車のことで、「フロントを損傷した180SXの修理代を安くあげるため」に走り屋の間で広まった車でした。その後、日産自動車によって商標登録され、正式な「日産シルエイティ」も500台限定で販売されました。

庄司慎吾:EG6 シビック SiR-II

中里毅と同じ「ナイトキッズ」のメンバー、慎吾が乗る車です。慎吾のバトルはラフで、ダーティな手段がおなじみ。

拓海との「ガムテープデスマッチ」が印象深いですね。愛車のEG6シビックは通称「スポーツシビック」と呼ばれ、リッターあたり100馬力を発生するパワフルな1.6リッターVTECエンジンを搭載するFFホットハッチです。本来、FF車はドリフトには向かないので、峠で使いこなすにはかなりのテクが必要とされています。

次ページ須藤京一:CE9A ランサーエボリューションIII GSR

この記事をシェアする

最新記事