ランボにフェラーリ、ポルシェ… 僕らに魔法をかけたスーパーカーブーム

多くの人々が熱狂したスーパーカーブーム!

フェラーリ、カウンタック、ミウラ、パンテーラなど多くの高級スポーツカーが爆発的な人気を博していた1970年代…。子供から大人まで多くの人びとがスーパーカーに夢中になりました。フェラーリ、ランボなどは今でも大変な人気ですが、社会現象になるほど皆が熱狂したのはこのスーパーカーブームが一番ですね。ラジコン、消しゴム、王冠…本当に多くのジャンルがスーパーカーに埋め尽くされていました!

スーパーカーブームの先駆け。サーキットの狼!

昭和50〜54年にかけて少年ジャンプに連載されていた『サーキットの狼』。多くの子供達をスーパーカーブームへと誘った名作コミックです。主人公である風吹祐矢が愛用していたロータスヨーロッパなどかっこいいクルマが多く登場しました。スーパーカーのかっこよさを世に知らしめた一冊ですね!

各地でイベントが開催されました!

なかなかお目にかかれないスーパーカー。商業施設などでスーパーカーの撮影会が開催され、多くの人で賑わいました。少年時代、カメラをぶら下げて名車を見に行った方々も多いのではないでしょうか。。

スーパーカー消しゴムが大ヒット!

スーパーカーブームを語る上で欠かせないのがこの”スーパーカー消しゴム”。学校で友人とボールペンを使って遊んだ思い出をお持ちの方も多いのでは?消しゴムと言っても消しゴムとしての性能はほとんどなかったですが…笑。子供は駄菓子さんでガチャガチャを回して一生懸命集めていましたね。友達とのレース勝負やスーパーカー相撲?に勝つために車体やパッチンペンを少し”いじる”のも定番でした。あまりの流行ぶりに”スーパーカー消しゴム持ち込み禁止”なんて小学校もあったようです。

こちらも懐かしい。スーパーカーの王冠!

こちらも大変懐かしいスーパーカーの王冠。コカ・コーラやファンタの王冠の裏にスーパーカーの絵が印刷されていました。最近はほとんど見ることがありませんが当時の自動販売機は瓶のものも多かったですね。

さて、ここからは当時から人気のスーパーカーを数台ご紹介します!

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ ミウラ

フェラーリ ディーノ

デトマソ・パンテーラ

ロータス ヨーロッパ

ランチア ストラトス

トヨタ 2000GT

幻で終わったスーパーカー、童夢 零

1978年のジュネーブショーにてお披露目された”童夢 零 ”。海外にはランボやフェラーリを始めとするスーパーカーがたくさんあるのに、日本にはトヨタ2000GTやフェアレディくらい…と思ってた子供たちに大きなインパクトを与えました。しかし、この童夢 零はセンセーショナルなクルマであったにも関わらず、型式認定許可がおりませんでした。その理由としては、童夢が自動車製造事業者ではないため、安全基準は満たしていたものの市販化の許可はおりなかった、という説が有力とのこと。エンジンは日産製のL28型の水冷直列6気筒エンジンを採用し、最高145馬力を発揮します。


今回は懐かしのスーパーカーブームを紹介しました。近頃軽スポーツ市場が盛り上がっていますが、日本でもまたスーパーカーブームが起きるかもしれませんね!

2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.3万km
詳細を見る
2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.2万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事