中古のBMW3シリーズが激安な3つの理由

日本でBMWの新車が持つプレミアム感

BMWの新車といえば400万〜700万円。いわゆる高級車に分類されます。

日本で初めて輸入されてきた外車はメルセデス・ベンツです。輸入ルートがあったわけではなく、当時は個人輸入をしていたのでかなり高額となっていました。

じきにBMWジャパンやヤナセが出来て、効率よく輸入できるようになってきたのですが、この時期に外国車に乗る人はとんでもないお金持ちばかり。特に値下げをする必要もなく、その代わり独特な世界観やプレミアム感を付加価値として提示したのです。

そもそも3シリーズはドイツでは大衆車?

BMW 3シリーズ

一方で、ドイツ本国では3シリーズは大衆車という側面もあり、特別高級車というわけではありません。確かに内装やスペックを見てみると、いたってシンプルな作りになっています。

しかし、日本においてはBMWならではのプレミアム感がかなり有ります。BMWの象徴とも呼べるキドニーグリルは誰もがすぐに認識出来るよう、どれだけモデルチェンジをしてこの姿は健在です。

中古車が安い理由!

さて、新車ではプレミアム感を押し出しているBMWですが、中古車になると値段はガラリと変わるBMW。
値段が下がる理由はどうしてでしょうか?
理由は大きく分けて3つあります。

①プレミアム感重視でBMWを買う人は中古では買わない。そのため購買層が少なくなるので、ある程度値段を下げざるを得ない。

②新車では上乗せされていた輸送費が掛からないので、コストが抑えられる。

③性能の良い日本車に比べると、外車はすぐに壊れてしまうかもしれないというイメージのために、手が伸びないという人が少なくはない。

こうした理由によって中古車市場になると値段が一気に下がる、と言われています。新車では性能以上に高値で売られていたものが、中古車になると適正価格に戻ったとも見れますね。

いかがでしたか?

BMW3シリーズの中古車価格は5年落ちで150万以内で買えるものが沢山あります。一度中古車を見積もってみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事