“軽量化”と”剛性”の2つで見るGT-Rの進化【R32型−R35型】

軽量素材の使用で可能な限り車重を抑える

剛性を上げると共に、軽量化もグラム単位で進められてきました。

例えば、R32型からR34型までのボンネットやフェンダーはアルミで造られています。ほかにも軽量化のために、バッテリーの小型化、軽量ホイールの採用などが行われてきました。
ところで、現行のR35型の価格は約1000万円です。以前より価格帯が上昇した理由には軽量素材が様々な部分に使われていることが原因の1つと思われます。もし、一般的な素材が使われていたならば、R35型は更に車重が増加していたでしょう。

重量バランスも重視

GT-R

剛性の上昇、軽量化と並行して重量バランスの最適化もされています。

R32型ではほぼ6:4だった前後バランスは、R33型で54,8:45,2にまで改善。R35型では52:48と理想的な比率となりました。R35型のバランス最適化に貢献したのは全長の短いV型エンジンです。この理想的なバランスによって、R35型の走行性能は更に高まりました。

GT-Rが現在でもポルシェのライバルとして認知されているのは、絶え間ない軽量化、高剛性の追求のおかげです。他の車を圧倒するポテンシャルを持つGT-Rのステアリングをぜひ1度握ってみて下さい。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives