“軽量化”と”剛性”の2つで見るGT-Rの進化【R32型−R35型】

GT-Rはどんどん重くなっている

日産 GT-R

GT-Rは誕生して以来、世界屈指のスポーツカーであるポルシェのライバルであり続けてきました。
ポルシェと肩を並べるには速さが必須条件です。そして、速さを考えた時に重要となるのは車体の軽さ。
軽量化の問題は速さを究めるには避けて通ることはできません。
しかし、32型以降のGT-Rを見てみると、意外にも車重は増加の一途を辿っています。下記は32型以降の車重を並べたものです。

R32型:1430kg~1480kg
R33型:1530kg
R34型:1560kg
そして、R35型は・・・1730kg~1740kgです。R32型と現行のR35型では300kg近く違います。

一体、この車重の増加は何が原因なのでしょうか?

GT-Rの車重が増加する原因

前述したように、GT-Rは決して軽い車ではありません。

しかし、これはもちろん軽量化に取り組んでこなかったからではなく、ほかの理由があります。それが剛性の高さです。速さを求めるうえで軽量化と同じく大事なことは、速さを引き出すための動力性能やパワー。

ただ、それらの高い動力性能や大きなパワーが発揮されるためには高い剛性が必要です。そこで高い剛性を求めようとすると、どうしても車重は重くなってしまいます。GT-Rの車重がモデルチェンジするごとに増加しているのは、ボディ剛性を高めているからです。

次ページ軽量素材の使用で可能な限り車重を抑える

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事