世界的なオフロード車スズキ ジムニー その魅力とは

●高性能なターボエンジン

世界的オフロード車 スズキ・ジムニー(ノクターンブルーパール)

スズキ ジムニーは高性能なターボエンジンを搭載し、力強い走りとトルク性能を実現しています。

また、排気系等の配置を工夫することにより、車への振動と騒音の軽減を実現しています。

さらに、エキゾーストマニホールド(内燃機関の排気流路を1つにまとめる管)の形までこだわりを出しています。

吸気系統や排気系統の配置や軽量化も行い、振動や車の騒音も改善。
高速道路でも、スタートからのスムーズな加速を実現しています。

●衝撃に強い構造

スズキジムニーの特徴は超軽量衝撃吸収ボディです。

衝撃の際に潰れながらエネルギー供給終始する強い構造をもち、衝撃の際の荷重を効果的に分散させる骨格の構造と、乗っている人を安全に保護するための設計構造によって構成されています。

さらに国内安全基準だけではなく新欧州安全基準もクリアしています。

また、軽量化にも成功しており、安全性を残しながら、機敏性や燃費の向上に成功してい ます。

●ドライブアクション4×4搭載

走行している最中でも、2WDと4WDの切り替えがスイッチだけで可能な機能「ドライブアクション4×4」を搭載しています。

この事により、悪路や山道でも楽しく走ることができるのです。

砂利が多い道では、4WDで走り、角度のある山道などでは、4WD-Lにするとさらに走りやすくなります。

また、2WDの際にはドライブシャフトを前輪から切り離すことができます。

さらにラダーフレームを搭載していますので、サイドフレームを交差させたフレームで補強し、山道や悪路を走行する際の衝撃を吸収します。

●悪路に強いサスペンション

それぞれがリンクして連動するサスペンションを採用。

片方のタイヤが障害物に乗った際に、反対側のタイヤが地面につくことで安全性を発揮します。

また前と後ろのサスペンションのコイルスプリングとショックアブソーバーを分けていますので、地面からの衝撃を効率よく吸収します。

悪路も走破する性能と乗り心地の両立を可能にしています。

数々の進化を遂げてきたスズキ ジムニー

ジムニーはスズキが1970年に発売を開始した軽自動車のオフロード四輪駆動車で、発売してからというものマイナーチェンジ、フルモデルチェンジを繰り返し、様々なタイプを販売している人気車種となります。

初代LJ10型はジープ同様の前後リジッドアクスルに2速トランスファーとON型4WDの機能性を活かしながらパワーユニットを軽トラック「キャリイ」用のエンジンとトランスミッションを採用し、コンパクトな車体に収めています。

2代目が発売されたのはそこから11年後のことで、1981年に女性ユーザーを意識したゴリゴリのジープっぽさがあるデザインを一掃し、カジュアルスタイルの4WDと生まれ変わります。この世代の他の車はエンジンを4サイクルエンジンへと移行している車が多いなか、ジムニーは低回転時のトルク重視のLJH50型が継承されています。4サイクルエンジンが搭載されたのは1984年、2代目の1984年に行われたマイナーチェンジ後になります。

1998年には3代目となるJB型を発表し、ベーシックグレード「XA」、量販グレード「XL」。最上級グレード「XC」の3種類に分けられ、左れぞれに5MAと4ATを設定しております。現行モデルのグレードにもある「XG」が追加されたのはその後2001年のモデルからとなり、現行モデルでは、グレードはスタンダードグレードを「XG」とし、上級グレードを「XC」として販売しております。

「XG」と「XC」の違いについては、票を見て分かるように目立った違いはありませんが、価格に約¥200,000程の差が出ております。

この価格差は主にエクステリアとインテリアの違いにあり、XCには、フロントバンパーに埋め込み式のマルチリフレクタータイプのフォグランプや電動格納式ヒーテッドドアミラー、リアシートレスト、インパネ周りの収納スペースなどにが追加され、より快適にドライビングできるようになっております。

XGとXCの走行性能や価格の差とは?

  XG XC
新車価格(税込) 1,296,000〜1,407,240
1,514,160〜1,625,400
駆動方式 パートタイム4WD パートタイム4WD
エンジン K6A型 K6A型
最大出力 64ps/6,500rpm 64ps/6,500rpm
最大トルク 10.5kgf・m/3,500 10.5kgf・m/3,500
トランスミッション 5速MT/4速AT 5速MT/4速AT

とにかくワイドなスズキ ジムニーの評価とは?

スズキ ジムニーの口コミによる評価に関しては、外観のデザイン性と走行性能が高く評価を受けていて、外観のデザイン性については、とにかくワイルドなスタイリングが男らしくてカッコイイという口コミが多く、とても高評価です。

走行性能は悪路での走破性に優れており、狭い林道や雪道、クロスカントリーなどで活躍しています。

また、乗り心地や燃費、静粛性のような一般車に期待するようなことについては、「そもそも期待していない。」という方が非常に多く、とにかくワイルドで、ジムニーという車を選ぶユーザーもワイルドな考えを持っている方が多いようです。

スズキ ジムニーは幅広い価格で販売される

スズキ ジムニーの中古相場に関しては、平均価格¥877,000、最安値¥80,000、最高値¥2,480,000となります。

最安値は1993年式のジムニースコットリミテッド。走行距離は179,000kmです。¥100,000を下回る中古価格の車両は比較的多くみられますが、その多くは走行距離を走っているか、車検整備が付いていない1997年よりも古い年式のものが多いようです。

最高値はジムニーランドベンチャー、走行距離20kmです。価格が¥1,900,000を超える車両のほとんどがジムニーランドベンチャーで、その中でも特にリフトアップされ、カスタマイズされているものが多いです。

値引きについては、このランドベンチャーについては中古価格が安定してまっているため値下げは難しく、その他のモデルでしたら、交渉次第で¥150,000〜¥2000,000程度の値引き交渉ができます。値引き交渉をする際はSUV車との競合が効果的となります。(2016年07月時点)

いかがでしたか?いつまでも乗っていたくなる走行性と快適性、そして安全性が日本のみならず世界でも人気の理由なんですね。

スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

この記事をシェアする

最新記事