51億円のフェラーリ…!?超高額落札のスーパーカー5選!

トヨタ2000GT:1億2000万円

トヨタ 2000GT

日本車史上、最も高額で落札されたと言われるトヨタ2000GT。「日本初のスーパーカー」と称され、多くのカーマニア達に愛されています。

ちなみに、2014年6月、富山県で走行中のトヨタ2000GTの上にブナの木が倒れてくるという事故が起きました。

現在国内に100台ほどしかないと言われる幻のスポーツカー。ドライバーの命に支障はなかったものの、精神的ダメージは計り知れませんね。

メルセデス・ベンツ W196:14億5300万円

続いて紹介するのはメルセデス・ベンツW196ですが、なんと先ほどのトヨタの10倍以上もの価格で落札されています。一生遊んで暮らせそうな金額ですね。ですが、なぜこんなに高値が付いたのでしょう?

実はこの「メルセデス・ベンツW196」は1954年と1955年のF1で、メルセデス・ベンツが使用したF1カー。F1レーサー選手ファン・マヌエル・ファンジオ氏は、この車に乗って、2度のワールドチャンピオンを獲得しました。

ブガッティ・タイプ57SC アトランティーク:32億7000万円

3つ目に紹介するこちらも、驚きのお値段となっています。現存するのはわずか2台、販売も4台のみの超レアカー。しかし一体、誰がこんなに高い車を所有しているのでしょうか?

実はこの「ブガッティ・タイプ57SC アトランティーク」のオーナーはあの有名ファッションデザイナー ラルフ・ローレン。人気ブランドのデザイナーだけあって、愛車もオシャレです!

フォード GT40 ガルフ・ミラージュ:11億円

続いて、気になる4つ目はコチラです!

1968年製、「フォード GT40 ガルフ・ミラージュ」。デトロイトショーでの新作発表が記憶に新しいフォードGT。この時の落札は、アメリカ車史上最高額となりました!

いよいよ最後になります!5つ目に紹介する高額落札車は・・・

フェラーリ 250 GTO(1962年式):51億円

他の車と大きく差をつけて、圧倒的高額で落札されたのが、この「フェラーリ 250 GTO(1962年式) 」。なんでも、51億円というのは、過去の自動車史上で最も高い落札価格だそうです。気になる購入者は・・・残念ながら明らかにされていないそう。


オークションで高額落札された車たちを紹介しましたが、レアな車や輝かしい経歴のある車など、どれもこれも魅力的ですね!

2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.3万km
詳細を見る
2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.2万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事