総重量14,200トンでギネス認定!人類史上最大の自走機械はもはや動く建造物!?

バケットホイールエクスカベーター

ギネスに認定された世界で最も大きな自走機械である露天採掘用超大型機械「バケットホイールエクスカベーター」

その大きさは全長225メートル、全高96メートル、総重量14,200トン。数字だけではイマイチその大きさがわからないと思うので、実際に写真をご覧ください。

人がまるで米粒のようにみえるほどのデカさ!

写真でもおわかりのように、人とバケットホイールエクスカベーターを比べてみると人がまるで米粒のような大きさに!

しかも、写真に写っているバケットホイールエクスカベーターは全体のごく一部であるということにそのケタ違いの大きさを感じ取れます。

写真に写っている部分は掘削用のバケットがついているホイールで、直径は21.6メートル。そのホイールにバケットが18個ついています。このホイールで1日に24万トンの採掘が可能なんだとか。何もかもスケールがデカすぎです!!

車体を支える部分もすごい!

これだけの大きさを誇りながらこの機械は自走します。

なので車輪となるキャタピラーの部分の構造も凄いわけです。写真のような巨大なキャタピラーが何個も装備されており、このキャタピラーにより走行可能になっています。

ちなみに移動速度は最大分速10メートルほど。歩くスピードよりも遅いですが、こんなのに踏み潰されたらひとたまりもありません!!

これだけ巨大な機械を動かすためには操縦席(コクピット)が必要になりますが、車体が大きい分操縦席の場所も高い位置に。

まるでビルの高層階ほどの高さでの操作になります。操作するには5人の作業員が必要で、そのためにトイレや台所なども完備されています。

まさに動く建造物といった感じです。

ちなみにこれだけの車体を動かす動力源となるのは外部電力。定常運転時で16MW(メガワット)もの電力が必要になります。1MWは1000kWなので、一般家庭の年間消費電力が5500kW程度と言われているので、その動力の大きさがわかりますね。

実はこのバケットホイールエクスカベーター、1種類だけではないのです。

製造年や採掘設置場所などで種類が分かれているのですが、ギネスに認定されているのが「Bagger 293」というもの。百聞は一見にしかずということで最後に動いてるバケットホイールエクスカベーターをご覧ください!!

これは1つの芸術かもしれませんね。。。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事