ジムニーの魅力と特別仕様車「ランドベンチャー」をご紹介!

オフロードの走行性

2015 Suzuki Jimny Land Venture Edition

アウトドア派の人にとってジムニーファンが多いのには理由があります。

そのうちの最も大きな理由の1つがオフロードでの走行性。ジムニーは軽自動車ながら車高が高いので、雪道だろうが林道だろうが川原だろうがどんなオフロードでもどんどん走っていきます。

さらには大型SUV車では入れないような狭い道でも、スイスイと走れるのも軽自動車であるジムニーならではの魅力。また、車体をぶつけてもボディの強度が高くかつ値段も安いことから逆にサマになる。軽自動車なので維持費も安くトータルのコストパフォーマンスを考えても、釣りなどのアウトドアで使う人にとってはかなり魅力的な車になっています。

高い耐久能力

ジムニーは人気な車種だけあって中古であっても他の軽自動車に比べて高く買い取られています。
車両の耐久性も高いので、走行距離や使用期間が長くても故障が少なく使い続けることができるメリットもあります。
またカスタムも豊富にできるのでオーナーにとってより愛着の湧く車になっており、このことが根強いファンの多い1つの要因にも考えられます。

そんな熱狂的なファンも多いジムニーの特別仕様車である「ジムニー ランドベンチャー」をご紹介します。

ジムニーの特別仕様車「ランドベンチャー」

軽自動車のジムニー及び普通車のジムニー シエラの特別仕様車にあたる「ランドベンチャー」。2014年の夏に発表されたこのモデルは、ジムニーの得意とするオフロードの走行性能はそのままに、従来の車よりもより存在感のあるラグジュアリーなモデルになっています。

エクステリア、インテリアともにゴージャスな雰囲気を醸し出しており、内装には本皮を使用するなどより上質なイメージへと仕上げています。

デザインだけではなく、例えば座席シートは「クオーレモジュレ(R)」という新素材を採用し、夏は熱くなりにくく冬は冷たさを感じにくいシートに改良されています。

このように中身も外見も特別になった「ジムニー ランドベンチャー」と「ジムニー シエラ ランドベンチャー」価格は「ジムニー ランドベンチャー」で158万円〜。アウトドアでコスパ重視で使い勝手がよく、かつ高級感を求めたい人にはオススメです!!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事