インパクトありすぎ!車幅が広くて日本では走りづらい輸入車4選

日本では1,800mmが一つの基準値になっている?

国土交通省が2012年に発表した資料によると、日本にある般道路全体の平均幅員は4.3mですが、その約84%は平均幅員3.8mの市町村道なのだそうです。

つまり、道路片側の幅は1,900mmとなり、車の幅はそれ以下でなければすれ違う際に支障をきたします。そのため、国産メーカーの車の多くは車幅を1,800mmまでに抑える傾向があります。

一方で輸入車には、車幅が2,000mm近くのものがたくさんあります。ボディタイプごとに見ていきましょう!

セダン:ロールス・ロイス ファントム

ロールス・ロイス ファントム 2017

2017年7月に発表されたニューモデル、8代目ファントムの車幅は2,018mmです。高級感ある存在感だけでなく、サイズも豪華になっていますね。

クーペ:ランボルギーニ アヴェンタドール

アヴェンタドール

ランボルギーニ アヴェンタドールの車幅は2,030mm。そのうえ車高も低いです!

こうなってくると、狭い道は走れない、ちょっとした段差にも気を付けないといけない、ということで、走れる場所が限られてきますね。ただ、その不便さが逆に魅力なのかもしれません。

SUV:キャデラック エスカレード

キャデラック エスカレード

2017年6月から新型が発売されているキャデラック エスカレード。その車幅は、なんと2,065mm。前モデルより58mmも拡幅されています。

アメリカは他にも、ハマーやフォード F250など、大型でインパクトのある車を開発しているメーカーが多いですね。

ステーションワゴン:フェラーリ FF

フェラーリが製造していたシューティングブレーク(現在はGTC4ルッソに以降)、フェラーリ FF。荷物をたっぷりと積めるこの車の車幅は、1,953mmです。「普通のフェラーリじゃ面白くない!」という方は、チェックしてみて下さい!


今回紹介した車幅2,000mm前後の車たちは、実車を見ると、大きさのインパクトから思わず二度見してしまうことでしょう。

しかし、大きいが故に、日本の道路を走るのは大変で、駐車場に車を止める際にも手間がかかります。というのも日本の駐車場の幅は一般的に2.5m。車幅1.800mmのセルシオでも辛いのです。輸入車を購入する際には、車幅にも注意したいところですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事