プジョー、308を一部改良

プジョーは5月7日、308を一部改良し、販売を開始

プジョー 308

308は、プジョーの主力モデルの一角を担うハッチバックです。

今回の一部改良で搭載される3気筒1.2Lガソリンエンジンは、新しい欧州環境規制EURO6.2に対応すべく、新しいインジェクションシステムを採用してパフォーマンスを維持しつつ、燃料噴射ポンプの圧力を250バールに高めています。また、センサーを2つに増強し、ガソリン専用のGPF(Gasoline Particle Filter)を採用したほか、ターボチャージャーを電子制御式に変更したことで、燃費はJC08モードにおいて17.0km/Lです。

プジョー 308に試乗!乗り心地などを評価!〜フランス人のセンスを満喫〜
プジョー 308

トランスミッションには、先に308のディーゼルエンジン搭載モデルに採用していた新世代電子制御8速オートマチックEAT8を新たに搭載しました。このトランスミッション搭載モデルでは、3つのドライブモードを選択可能で、特にエコモードでは、走行条件が合えばアクセルオフ時にクラッチを切って燃費を改善する、フリーホイール機能を新たに搭載しています。

その他、市場ニーズの高いアクティブクルーズコントロールを全車標準装備とし、Peugeotミラースクリーン(Apple™ CarPlayに対応)を搭載しました。

プジョー 308に試乗!インテリア、エクステリアに注目!
プジョー 308

なお、運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを標準搭載した特別仕様車308 GT Lineも設定されました。

プジョー 2008、ジープ レネゲードなど…200万円台で購入できる輸入SUV

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives