ルノー・日産自動車・三菱自動車がスタートアップ支援組織とパートナーシップを締結

最先端の新世代テクノロジーへのアクセスも可能に

アライアンス・ベンチャーズ

テクノロジー系の新興企業に投資を行う、ルノー・日産自動車・三菱自動車が参加するベンチャーキャピタルファンドのアライアンス・ベンチャーズ。中国におけるオープンイノベーションの分野で協業すべく、スタートアップ支援組織のPlug and Play Chinaとパートナーシップを締結したと5月9日に発表しました。

アライアンス・ベンチャーズは、Plug and Play Chinaが持つ新興企業との豊富なネットワークにアクセスすることで、有望な新興企業の発掘や協業、パイロットプロジェクトの遂行、新技術や投資機会を得る力の拡大が可能に。世界最大の自動車市場において新規ビジネスの機会を得るとともに、最先端の新世代テクノロジーへのアクセスも可能になります。

アライアンス・ベンチャーズとオープンイノベーションを担当する、アライアンス グローバル バイス プレジデントのフランソワ・ドーサ氏は、「中国は自動車産業の技術革新をリードしています。Plug and Play Chinaの力を活用することにより、我々はモビリティ体験を変革する新興企業や技術にアクセスすることが可能となります。」と述べました。

上海ベンチャー企業によって作られた世界最速レベルのEVスーパーカー「NIO EP9」とはどんな車?

◇Plug and Play China

シリコンバレーに本社を持つグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターであるPlug and Play社の中国支社として2015年に設立。

中国で300社以上のスタートアップへ支援及び投資を行い、200社以上の会社が「Plug and Play Unicorn Accelerator Program」に参加しています。

産業活性化に向けての中国の主要都市との連携強化に加え、米国、ドイツ、ロシアなどから100以上の技術プロジェクトを中国に導入しています。

中国で一番売れている日本車「日産 シルフィ」のEV車が北京で世界初公開
カローラとレビンのPHVモデルが、北京モーターショーで発表

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives