上海モーターショー:日産の主力コンパクトセダン新型「シルフィ」を発表

新たな進化を遂げた新型「シルフィ」

無題

燃費を向上させた新しいパワートレーンを採用したことで、より低重心かつワイドなスタンスとなった新型シルフィ。
日産デザインの象徴とも言えるVモーショングリルのフロントから、まるで流れる川ようなフォルム。
そのスポーティなデザインから空気抵抗を低減し、なんとGT-Rと同じCd値0.26を実現しました。

エンジンは最新のHR16DE型エンジンとエクストロニックCVTを搭載。
20.4km/Lと燃費性能を向上させながら、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を高めハンドリングの向上させたことで、よりスムーズなドライビングを楽しむことができます。

インテリアは座った瞬間、走る楽しみを教えてくれるかのようなスポーティなハンドルデザイン。
高級感のあるキルト柄レザーをあしらったシートからは、まさにスポーツとラグジュアリーの融合とも言えるデザインとなっています。

中国市場における主力コンパクトセダンとも言える新型シルフィ。
ただのセダンとは言わせない、よりスポーティなセダンへと進化を遂げました。

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives