令和の時代に送る、三菱にとって平成最後のクルマ、eKクロス/eKワゴンを試乗チェック!

自然吸気エンジンが気持ちよいeKワゴン

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


曲面を多様した上品なエクステリアをまとった5ドアのボディに、ライトグレーを基調とした明るくてオシャレな車内というシンプルでカジュアルな印象のeKワゴン。安っぽい、という感じを受けないどころか「イイもの感」が溢れている。

カラーバリエーションは7色展開で、中でも写真の新色ミントブルーメタリックは、爽やかで内装ともマッチ。女性だけでなく男性にも好まれるだろう。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


用意するエンジンは自然吸気タイプのみで、二駆モデルと四駆モデルが選べる。グレード展開は、MI-PILOTに対応する上級グレードのGと標準のMの2種類だ。試乗したのは、二駆・MI-PILOT搭載モデルだ。

市街地を走り気づくのは「生理的な心地よさ」。素直なステアリングフィールと自然吸気エンジンゆえのアクセルと出力が比例する気持ちよさは、素直に「運転が楽しい!」と思えてくる。この気持ちよさを「加速」させるのが「可変速CVT」の動きで、低速域では普通のCVTと挙動は変わらず静かで滑らかなのだが、踏めばレブリミットまで回転が上がると思いきや、いったん回転数が落ち、さらに加速していく。このギアチェンジしている感がイイ。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


感心するのは、車体そのものの遮音性能の高さと、しなやかな乗り味。街乗りは快適そのもので、この車両を購入するであろうユーザーニーズを十全に把握している。

視界の広さも印象的で死角がとても少ない。バンタイプにありがちな「背筋を伸ばした」「なんかトラックかバスを運転している」という感じではない乗用車的ポジションは、とても運転しやすいものだ。コンパクトな取り回しのよさと相まって「前作の弱点をすべて潰して作られた究極の街乗りクルマ」という言葉がぴったりだと感じた。

三菱らしさ=アウトドアテイスト満載のeKクロス

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


eKワゴンで満足してしまった筆者としては、上級モデルに位置づけられるeKクロスにとても興味を沸いた。デリカD:5登場時に話題になったフロントマスク「ダイナミックシールド」が、このeKクロスにも登場したことから、今後同社の新型車には随時採用されていくことだろう。


三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


このダイナミックシールドは「奇をてらった」デザインだけで作られたものではない。運転中もしくは歩行中、軽ワゴンやSUVのヘッドライトが放つ光に眩しさを覚えたことはないだろうか。

それらはすべてヘッドライトの位置が高いことから起因する。そこで三菱は最上段にポジションランプを配置し歩行者からの視認性を確保しつつ、下段に縦3連ヘッドランプを配することで、対向車は歩行者に対して眩惑防止に努めた。

ハイビームが一番下に位置しているのもそのため。ヘッドライトの光軸調整に難儀を極めたことだろうが、乗り手だけでなく社会全体を見据えたデザインを取り込れたこと評価されてしかるべきだし、このような視点はもっと他社も見習うべきだ。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


見るからにSUVテイスト、アウトドアテイストは、車内・車外含めてちりばめられている。天井に設けたレールはアウトドア系SUVでよく見かける装備だ。あると便利だし、あれば「天井に何か載せて出かけたい」気分になる。

車内もアウトドアを意識した暗めな色調と、プレミアムインテリアパッケージというたんレザーとライトブラウンを基調としたメーカーオプションを用意する。いずれも落ち着いた感じでありながら、外観と相まってアクティブな印象を受ける。

基本的な室内装備はeKワゴンと同様であるが、色調が変わるだけで、ここまで違うのかと思うほど。ちなみに三菱の純正オプションとして、カーペット調のフロアマットのほか樹脂製のオールウェザーマットも用意。これもまたアウトドアを意識させるアイテムだ。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


エンジンはハイブリッド搭載の自然吸気とターボの2種類。ノンハイブリッドのモデルは用意されず、eKワゴンとの差別化をより明確化されている。そのほか基本的な部分はeKワゴンと同等で、二駆モデルと四駆モデルの2車種を用意するのも同様。

しかし、カラーバリエーションは、eKワゴンを大幅に超えて11パターン。特に2トーンは、ふつうは上は黒やシルバーで統一するところを用意する5パターンすべて異なる色を使っているというから驚きだ。

「工場から相当文句が来ましたが貫き通しました」と開発担当は笑いながら話をする。さらに言えばオプションのガーニッシュが3パターンを加えると、33バリエーションが作れる。それだけ色に対する消費者ニーズが高いのだろう。


ちなみにeKシリーズと日産デイズシリーズは三菱自動車の水島工場で作られるのだが、カラーバリエーション、仕様違い、メーカー違いなどが混在するにも関わらずなんと1ラインというから驚き。工場が相当文句を言ってくるのも無理はない……。それにしても、この生産管理には驚愕に値する。

キビキビとした楽しさが味わえるNAハイブリッド2WD

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光

まずは2駆・自然吸気ハイブリッドから試乗しよう。eKワゴンの美質はそのままに、驚くのは「ハイブリッドなの?」という自然さでありながら、確かに加速の面で力強さ。

いっぽうでエンジンブレーキの効き方に「ハイブリッドっぽいかも」という挙動を感じるのだが、それも言われてみれば、の話で、基本的にeKワゴンで味わった自然吸気エンジンの気持ちよさにモーターアシストが寄り添っているという印象だ。そして余計にアクセルを踏む必要がないため、静粛性はより一層向上する。

アイドリングストップの挙動はいっそうマイルド。モーターアシストによって、明らかに静かで振動が少ないばかりか出足がとてもよい。また減速している途中でエンジンが停止するため、信号待ち等で停止した瞬間に急に止まって無音になる、というような事もない。スーッと止まって、スーッと動く。まるで高級車のように。

足回りはeKワゴンとは異なりキビキビとした印象を受け、車からよりアクティブに運転を楽しみませんか、という声が聞こえるようだ。居心地もわずかに硬い方向へとシフトしているが、いっぽうで、コーナーリング時のグリップ感が増しているようにも感じた。これはきっと、ホイールを1インチ大きくし、タイヤの扁平率が下げているためだろう。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


eKワゴンとeKクロスは同じプラットフォームながら、キャラクターの違いが明確にある。どちらがいい、悪いではなく、使うステージが異なるという感じだ。

もっと遠くへ。ハイブリッドターボ+4WDモデル

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


最後に最上位となる4駆・ハイブリッドターボモデルに試乗すると「遠出したくなる」感が何倍にもアップする。これまでの美質にパワーが加わり、一言でいえば「これは軽自動車なのか?」とよい意味で疑ってしまう。

トルクフルなエンジンにハイブリッドの組み合わせは「軽自動車はパワーが足りない」という印象を過去のものにする。さらに「ターボはともかく軽自動車に4輪駆動は必要なのか?」という考えも、高速道路に乗ると「車がまっすぐ進もうとしている」という強い意志を感じる。高速道路を多用する方はぜひ四駆モデルをお勧めしたい。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


さらに「MI-PILOT」をオンにすると、その楽さが格段にアップ! 雨が降ると安全の面からMI-PILOTは使用できなくなるものの、オンにするとハンドル支援が働き「え?」と驚くことだろう。

そして前走車に近づくと徐々に速度が落ち、渋滞時でも前走車に追走することに感動する。おでかけ先に行くだけで疲れてしまい、現地では楽しめない。思いっきり遊んだあとの運転は辛い、という経験がある人には、このMI-PILOTはとてつもなく魅力にうつることだろう。


そして疲れたらゆったり休めるのも、eKシリーズの美質。ヘッドレストを取り外せば、ゆったりとしたベッドができあがるのだ。目的地でのお昼寝、高速道路の休憩施設で仮眠に有効なのは間違いない。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


日本の独自規格である軽自動車は、我々のライフスタイル、そして普段利用する道にジャストフィットしている。eKワゴン、eKクロスの3台に乗って思うのは「ここまで軽自動車が進化しているのか」という感動と「完成度の高さ」だ。

それらはどちらも「軽自動車に何が求められているのか」を丹念に調べ上げ、欠点をすべて潰した完成度の高さに他ならない。ekシリーズを通して「いい軽」の名にウソ偽りはなし、いや「いい軽を超えている」と感じるとともに、軽自動車の新たなる指標になる一台といえそう。自動車の購入を検討されている方は、まず一度eKシリーズに触れることをお勧めしたい。現在の軽自動車の凄さに驚くこと間違いナシだ。

初代から比べて劇的に進化!日産「デイズ」をチェック!
イケイケのイイ軽!三菱自からeK ワゴンとeK クロスってどんな車?

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives