令和の時代に送る、三菱にとって平成最後のクルマ、eKクロス/eKワゴンを試乗チェック!

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


eKシリーズは2モデルが用意される。正常進化モデルといえるeKワゴン(129万6000円〜150万6600円)は「運転が得意ではなくても、もっと運転を楽しみたい人」をターゲットにしたモデル。例えば買い物や子供の送り迎えなど普段使いされる主婦が、eKワゴンにより、車が道具から相棒へと変わる、といったイメージだろうか。装備の面では最もベーシックなモデルだ。

いっぽう、その見た目と共に話題を集めるのは、eKカスタムの代わりとして誕生したeKクロス。「eKワゴンをベースに三菱らしさを加えたモデル」という位置づけで「もっとアクティブに車を楽しみたい」という方をターゲットとしている。デリカD:5登場時に賛否両論を巻き起こした、あのフロントマスク「ダイナミックシールド」が目を惹くエクステリアは、SUV感を演出するフロントバンパーのデザインと相まって、アウトドアの三菱を意識させる1台に仕上げられている。

三菱と日産のいいとこどり


さて、ここで紹介する新型eKシリーズと日産のデイズ・シリーズは、三菱自動車と日産自動車の合弁会社であるNMKVが企画・開発マネジメントし、両社のエンジニアの協働で誕生したのは既報のとおり。「約60年にわたる軽自動車づくりのノウハウ」を持つ三菱自動車と「先進技術」の日産自動車の共作で、いわば「よいとこどり」のズルいやつ。当然ながら「期待するな」という方が難しい話だ。まずはeKワゴン/クロスの基本項目から紹介しよう。

三菱 新型eKワゴン/eKクロスを速攻チェック!約6年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたその内容は?!
三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光

自然吸気エンジン


まずは新開発されたドライブトレインについて。新設計のエンジンはターボと自然吸気の2種類が用意される。どちらも直列3気筒だ。いずれも従来よりトルクが増強されたほか、より低回転から発生する特性で、いわゆる信号待ちからの加速で余計にアクセルを踏むなどのストレスが低減する、余計に踏まないからガソリンが節約できる、というメリットがある。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光

自然吸気+ハイブリッドエンジン

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光

ターボ+ハイブリッドエンジン


それぞれに電気モーターを取り付けたハイブリッド仕様がラインアップするのも注目の一つだ。軽自動車にハイブリッド車を用意するのはスズキに続くもので、新型ekシリーズの場合、モーターによって加速時にエンジンをアシスト(最大約30秒間)するほか、アイドリングストップからの再始動も静かに行えるもので、燃費向上はもちろんのこと、よりトルクフルな走りに貢献する。

これまた新開発で軽自動車初搭載の可変速CVTというパワートレインを搭載。CVTというとい、加速時に「威勢よくエンジンから音はするが加速しない」というイメージを持たれる方もいらっしゃるが、可変速CVTは「ギア変速のAT車両」のような段階的な動作によって加速時のエンジン音を抑えるというもの。

後述するが、この動作は「生理的に心地よい」ものだった。このパワートレインからの動力を、モデルによっては、前輪または四輪によって地面に伝えられる。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光

ステアリング右側に取り付けられたMI-PILOTボタン


これらの基本体力のよさに、衝突低減ブレーキや車線警報逸脱システム、踏み間違い衝突防止アシストなど先進の安全性をプラス。なかでも注目はオプション(7万200円)として用意された三菱自動車初となる自動運転レベル2「MI-PILOT」だ。

いわゆる「プロパイロット」の三菱版で、車両が車間距離と車線中央をキープしつづけることで、高速道路での巡航走行だけでなく渋滞時におけるドライバーの負担を大幅に軽減する。軽自動車に自動運転レベル2を搭載するのは三菱・日産が初めてではないのだが、渋滞時でも動作するのはこれらのモデルが初となる。そのほか、アラウンドビューモニター、デジタルルームミラーなどのオプションも用意。運転に不慣れな人を車がそっとアシストしてくれる。

室内の広さと使い勝手に脱帽

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


軽自動車というとボディの小ささゆえに「狭い」と思われるだろう。左右方向は軽自動車なりではあるのだが、シャーシそのものを見直しホイールベースを従来のeKに比べて65ミリの伸長。上下方向と前後方向は「これが軽自動車なの?」と思うほどの室内空間を実現した。

車内を見渡すと、まず目につくのはシート。スポーティータイプにありがちな張り出しが少なく、運転席と助手席の間にセンターコンソールもない。運転席と助手席の間には可動式のアームレストのみが置かれる。まるで昔のベンチシートに似て、ドライバーの体格を選ばない。さらにシート位置を決めるレバーが大きいのもポイントだ。


三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


eKシリーズは、収納がいたるところに用意されている。運転席と助手席には各2箇所ドリンクホルダーを設けるだけでなく、センターの引き出しの下には大きめのタオルを入れるに丁度よいボックス、助手席のグローブボックスは二段式で、運転席の下にも折りたたみ傘を入れるにピッタリの収納、さらに助手席下にはシューズボックスまで用意されている。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


アイデア賞は助手席のドアに設けられた車検証などを納めるスペースで、メンテナンスノートなどを丸めながらグローブボックスが占有されずに済むのは嬉しい限り。驚きを超えて素直に感動した。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


秀逸なのは後席だ。広さやフラットボトムだけでなく、サイドシルがとても低く、さらにシートの角が取れた形状で、お年寄りや子供の乗降時に負担・無理を強いない。さらに「Cセグメントのセダンか?」と錯覚するほどの足場の広さで、脚を組むことができる!ひとクラス上にあたるBセグメントのコンパクトカーでここまで広いモデルはちょっと思いつかない。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光
三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


この感動は、リアゲートを開けるとさらに加速する。あれだけリアシートの足元が広いのにも関わらず、スーツケースが立てて入るほどの荷室が用意されているのだ。さらに蓋を外せば下にも収納がある。しかもワンハンドで後席全体が移動し荷室の容量がさらに拡大。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


このように車両のすみずみまで「この車には、どんな人が乗るのか、その人には何が必要なのか」という面をよく考えられているのが、このeKワゴン/クロスに美質で、ここに軽自動車を作り続けて約60年、三菱自動車のノウハウ、強みを感じた。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


この事は操作系にも垣間見れる。今時の車にしては「ボタンの類が少ない」のだ。最近の車は走りのテイストを切り替えるスイッチをはじめ、様々な付帯機能を搭載するが、ハンドル後ろに当たり前のようにあるパドルシフトすら存在しないシンプルさ。エンジンブレーキを使いたいのならシフトレバーをLのポジションにすればいい。

三菱 eKワゴン eKクロス栗原祥光


必要最小限にして必要最大限で他社の追従を許さんとばかりの内容をもつeKシリーズ。乗る前から「コンパクトカーよりも広くて使い勝手がいい車」「これでいいんじゃないか?」と思ってしまう。それでは各モデルについて紹介しよう。

次ページeKクロス/eKワゴンの詳細に迫る!

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives