車やバイクを複数台所有する際に気をつけるべきこと3つ

1.お金の確保

トヨタ 86(永田恵一撮影)

当然ながらクルマを何台か買えばイニシャルコストが掛かる。

クルマの買い方が現金一括であればとりあえずイニシャルコストそれなりの出費があるが、ローンであれば維持費のように毎月の出費がある。

その維持費も住まいに土地のない人なら駐車場代、年間の自動車税、任意保険、車検代、程度はいろいろあるにせよ整備費用、人によってはカスタマイズ費など、維持費はクルマの台数分掛かる。

ガソリン代やタイヤ代はクルマに乗る人の人数によって変動し、1人であれば乗れる距離に限りがあるので増減は少ないとしても、いずれにせよ複数所有はお金が掛かるので、総合的に見て「自分に出せるお金なのか?」は熟考が必要だ。筆者はクルマとバイクを維持するためにも仕事をしているつもりだ。

※複数所有はお金が掛かると書いたが、通勤などの実用による走行距離が多く趣味性の高いクルマを持っている人なら、場合によっては実用に割り切った安い軽自動車などを併用した方が、過走行による趣味性の高いクルマのリセールバリューの低下、走行距離の多さにより掛かるランニングコストなどを総合的に計算すると、実用車を持った方が安く付くというケースもある

2.手続き関係の把握

自動車保険 自賠責保険 運転免許証

複数所有の際の金銭関係に関しては、極端なことを言えば「お金があれば済む問題」ともいえる。

クルマを複数所有すると手続き関係に注意が必要というのは具体的には車検と任意保険で、両者「ついウッカリ切れていた」ということは十分考えられる。車検と任意保険に関しては年始などの1年間の節目に、運転免許やパスポートなどの期限と一緒に確認しておき、手帳やカレンダーのような目に付くところに書いて把握して、計画的に対応するといいだろう。 

また250cc以下のバイクは車検がないため「ウッカリ自賠責が切れていた」ということも十分あり得るので、同じように注意したい。

3.コンディションの維持

住宅や機械モノは「使わないのも痛む」とよく言われるが、クルマも同じだ。クルマも乗らないとバッテリー上がりに始まり、あまりに乗らないとブレーキなどの操作系の動きが悪くなる、タイヤにフラットスポットができる(ずっと駐車していると一点に重量が集中するのでタイヤが変形してしまう)など、調子を崩す原因になる。 

複数所有の場合、1人1台というならそれなりに稼働するにせよ、1人で複数となる乗れる人は1人なだけに時間やクルマが複数あると乗るクルマが偏りがちというケースもよくあるので、動かすことでコンディションを維持するというのは意外に難しいことがある。個人の都合もあるにせよクルマやバイクは週に1回は動かしたいところだ(そのくらいは乗らないと持っている意味も薄くなってしまうだろう)。

車庫証明は、同じ駐車場に対して複数台登録できるのか?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives