希少カラー、カスタム……街中で愛車の存在感を際立たせる3つの方法!

ド定番はカスタム、ドレスアップ

【オートサロン2018】 Weds

毎年、年頭に開催される「東京オートサロン」の盛況ぶり(とくに土日)を見ていると、クルマのカスタム、ドレスアップもまだまだニーズがあるな、と思わせてくれる。それでも80年代、90年代、00年代くらいまでの熱さは、冷めつつあるのではないだろうか?

【東京オートサロン2019】アーティシャンスピリッツ

スマホの普及で、「若者のクルマ離れ」を指摘する声があるが、地方では依然としてメインの移動手段であり、東京都内だって少し郊外に行けばクルマがないと不便なのが現実だろう。また、クルマを所有していても、カスタム、ドレスアップまでは予算が回らないという人も少なくないはずだ。 

カスタムやドレスアップで少しでも愛車をカッコ良くしたい、隣のクルマと差別化したいという際で、ビギナーでも手を出しやすいのがメーカー系のドレスアップ、カスタマイズ・アイテムも装着する方法だ。

【東京オートサロン】モデリスタ (toyota)

トヨタであれば、モデリスタやTRD、日産ならニスモ/オーテック、ホンダならホンダアクセス、SUBARUならSTI仕様などがある。

新車購入時にディーラーで一緒に自動車ローンを組める場合もあるし、エアロパーツだけ、タイヤ&アルミホイール単品など、セットだけでなく、予算に応じて単品での購入も可能だ。最初はタイヤ&ホイールから始めて、徐々に、アルミホイールやマフラーなどに範囲を広げていく手もある。

もちろん、こうしたメーカー系のコンプリートモデル、新車のラインナップとしてカタログモデル化された仕様もあり、新車保証も含めて安心して購入できる。

ボディカラーを変えて気分リフレッシュ

昔から、ボディカラーを変えることで愛車を際立たせる手もあった。ここ最近は、少しブームが落ち着いてきた感があるが、艶消しのマット(ブラック)も非常に流行した。

マットブラック化に関わらず、ボディのオールペン、全塗装はそれなりに費用が掛かるが、ノーマルボディでも目立つのは確実だろう。最近見なくなりつつあるが、見る角度によって色合いが異なるマジョーラカラーもある。

希少カラーを指名するのが最も簡単!?

ポルシェ 911カレラS タイヤ

最も手軽なのは、新車でも中古車でも珍しいカラーを指名する手もある。

筆者の知り合いの中には、ラッキーカラーだというイエローのクルマしか購入しない人もいる。日本は、ホワイト、シルバー、ブラックの3色が定番で、この3色以外にするだけでも、車種によっては隣とクルマと差別化を図れるケースもありそうだ。

特別仕様車を狙う手もある。ルノー「カングー・クルール」という特別仕様車は、フランス語で「色」の意味をもつ「クルール」を車名に加え、ボディカラーにこだわった仕様としている。

そのほか、「ピンク・クラウン」などの国産車、もちろん輸入車でも、限定色などを設定することも多々あるから、こうしたレアなボディカラーに的を絞るのもいいかもしれない。

ただし、中古で売る際などのリセールは、人気カラーが高く、珍しいカラーや不人気カラーは値段が高くなりにくい傾向にあるため、この点も考慮に入れて指名したい。

レースカバーや木製ビーズクッションなど…最近見かけなくなったシートアクセサリー3選
最近聞かなくなった自動車チューニング用語&パーツ4つ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives