日産の軽自動車に初搭載するなど、先進安全技術を充実…軽乗用車「日産デイズ」ってどんな車?

日産 デイズ 発表会 2019

初のフルモデルチェンジとなる新型デイズは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのもとで企画・開発された車両。

新開発プラットフォームの採用により、軽自動車という限られたサイズのなかで「広いキャビンスペース」と「広いラゲッジスペース」を達成。特に後席は大人が脚を組んでもゆったりくつろげるスペースを確保。荷室も後席を下げた状態でも広い収納スペースを擁している。

日産 デイズ ハイウェイスター 2019 エンジンルーム

パワートレインは、新開発エンジンとCVTに加え、スマートシンプルハイブリッドを採用。モーターアシストにより、力強い走りと燃費の向上に寄与する。

また新開発CVTは、低フリクションベルトなどの燃費向上技術や、エンジン音を大幅に低減するエンジン締結剛性を向上させる静粛性向上技術を採用したほか、伸びのある加速感を感じられるDステップを軽自動車として初採用した。

日産 デイズ 2019

運転支援技術「プロパイロット」を軽自動車に初搭載したのも注目点。高速道路での渋滞走行や長時間の巡航走行にて、アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマ側で支援することで、ドライバーの負担を軽減するこのシステムは、同社セレナや日産リーフ、そしてエクストレイルでも高い評価を得ているものだ。

また、先進事故自動通報システム「SOSコール(ヘルプネット)」を軽自動車として初設定。緊急時や事故の危険がある時などに、専門のオペレーターへのデータ通信と音声通話を行うことができる。そのほか「LDW(車線逸脱警報)」と「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」を日産の軽自動車に初搭載するなど、先進安全技術を充実させた。

ラインアップは、ダイナミックでスタイリッシュなスポーティモデル「ハイウェイスター」と、親しみやすさと信頼感のあるスタンダードモデル「標準車」を設定。

日産 デイズ ハイウェイスター 2019

ハイウェイスターには、マルチレフタイプLEDを2段配列したヘッドランプやクリスタルカットグリル&3Dメッシュグリルを採用するなど、質感を向上させている。

日産 デイズ Bolero 2019

また、オーテックジャパンからボレロというカスタマイズモデルもラインナップ。より広い購買層に向けてアピールする。

日産 星野専務執行役員 2019 デイズ発表会

発表会で星野専務執行役員は「これが新しい軽自動車です」と自信のほどをみせながら「従来、軽自動車はセカンドカーという位置づけでした。

ですが今では軽自動車をファーストカーとして選ばれる方が増えています。家族みんなが乗る車には、相応の機能が必要です。元号が変わろうとしている時代において、軽自動車も変わる時を迎えました」と日産デイズに対する想いを語った。

新しい日本の軽自動車、日産デイズに注目してみてはいかがだろう。

イケイケのイイ軽!三菱自からeK ワゴンとeK クロスってどんな車?
三菱 新型eKワゴン/eKクロスを速攻チェック!約6年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたその内容は?!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives