S660のグレード「α」と「β」はどう違う?どちらがおすすめ?

走行面はまったく同じ。違いは装備のみ。

ホンダ S660 α

上級グレードにあたるαは2,185,920円、ベースモデルにあたるβの価格は1,980,720円。その差は205,200円(どちらも6MT、CVTとも同価格)。装備の上ではαの方がいいとは、車両価格のおよそ10%の価格差があると考えると、迷うところです。

しかし、走行性能や安全性能に関わる部分はまったく同じ。たとえば260mm径ディスクブレーキや、前後異径のYOHOHAMA ADVAN NEOVAタイヤ、CVT車に装備されるパドルシフト、i-サイドエアバッグシステム、LEDヘッドライトなどは、どちらにも標準装備。もちろん、エンジンだって同じで、違いは一部の快適装備と装飾パーツだけなのです。

内外装の装備や仕様の違いは?

α(アルファ)

ホンダ S660
ホンダ S660 α
ホンダ S660 α
ホンダ S660 α

β(ベータ)

ホンダ S660 β
ホンダ S660 β

エクステリアのもっとも大きな違いは、アルミホイールのデザイン。βがシルバーなのに対して、αはブラック×シルバーとなります。小さな部分では、フロントフェンダーにつくターンシグナルのレンズカラーがα:ホワイト、β:オレンジとなる点も異なります。

また、αではレッドやイエローなどを含めた7色から選べるボディカラーが、βではホワイト、グレー、ブラックの3色のみとなるのも、異なるところ。有彩色にしたければ、αを選ぶしかない、というわけです。

では、インテリアの違いは? 使い勝手の面で大きくことなるのは、αが「ナビ装着スペシャルパッケージ」と装備するのに対し、βでは「iPod対応USBプレーヤー/AM・FMチューナー」を装備する点。

しかし、スマホのナビを映し出すことができるオプションの「センターディスプレー(internavi POCKET連携対応)」を装着すると、αでも「ナビ装着スペシャルパッケージ」は非装備となるので、あまりこだわらなくてもいい点かもしれません。 

こだわり派の方なら、αに装備される革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、アルミペダルは気になるところでしょうか。シートもβがファブリックなのに対し、αはレザーが標準装備となります。

その他、メーターバイザーリンク(β:ピアノブラック、α:高輝度シルバー塗装)の色やインナードアハンドルなどのメッキ処理、スマートキーのカラー(β:ピアノブラック、α:カーボン調)、ルームランプ(αはLED)になる点が異なります。

選ぶべきはβ?α?

ホンダ S660

2トーン色となるアルミホイールや多彩なボディカラー、インテリアの装備に魅力を感じるならα、S660の走りを手軽に手に入れたいならβ。一般的な結論としてはこんなところでしょう。

しかし、レッドやイエローのボディカラーに魅力を感じないなら、βのシックな内外装も多いに魅力的。およそ20万円安いβを選んで、価格差分を社外パーツに使ってみるのもおもしろいのではないでしょうか。どちらを選んでも、S660ならではの走りの楽しさは変わらないのですから。

”おひとりさま専用スポーツカー”S660に2年半乗って思ったこと
S660が丸目のクラシカルな姿に!? 外装キットが発売!
ホンダ S660のパワーアップモデル『S1000』が登場か!?
S660のエンジンで420km/hオーバーを実現!?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives