正規輸入車と並行輸入車の違いってなに?

正規輸入車は安心が一番のメリット

メルセデス・ベンツ Sクラス 2017

正規輸入車とは、海外の自動車メーカーから認定された正規のインポーターが取り扱う車両のことで、正規ディーラーを通じて販売されます。

正規インポーターは、車両の販売にくわえて、その国でのアフターサービスまでも含めた契約を行なっており、消耗パーツも膨大にストックし、ディーラーメカニックのトレーニングも定期的に行なっています。

自動車は、長く付き合ううちに、定期的に交換すべき消耗品がでたり、些細なトラブルも発生します。そんなときにしかるべきトレーニングを受けたメカニックが在籍している正規ディーラーなら、専用の診断機にかけてトラブルを解決してくれます。

また故障のたびに本国にパーツをオーダーして待つという時間的なロスもありません。さらに正規ディーラーのネットワークは全国規模なので、遠方でトラブルにあっても安心なのです。

正規輸入車のデメリットは、取り扱う車種やグレードを日本向けに絞り込んでいるため、本国で販売されているグレードでも正規には購入できないということがあります。

さらに日本仕様の場合、本国ではメーカーオプションだったものでも標準装備になっているなど、細かく仕様をオーダーできないことも悩みどころです。

並行輸入車は自由が一番のメリット

トヨタ タンドラ 2018

正規インポーターを頼らず、業者が海外から直接買い付けた車両のことを、並行輸入車と呼びます。

並行輸入車は、日本の正規ディーラーでは取り扱っていない車種やグレード、仕様もオーダーすることができます。逆説的に表現すれば、正規ディーラーが取り扱っていないモデルや、正規インポーターが存在していないメーカーなどは、並行輸入に頼るしかありません。

車両価格は、現地価格に諸経費をプラスしたものとなり、正規ディーラーのように一律の新車価格があるわけではないので、工夫次第で費用を抑えることが可能です。

並行輸入車のデメリットは、日本の車検を通すため、現地仕様の車を日本向けにする処置が必要なこと。そして輸入専門の業者が入れた車両の場合、その車両を得意とする専門店なりを探さなければならないこと。

仮に専門店をみつけても、自宅から遠方ということもあります。さらに日本の車検を通すため、現地仕様の車を日本向けにする処置も必要となります。

もちろん正規ディーラーのようなネットワークを有しているわけはなく、メンテナンスやパーツ類の充実度に関しても、正規ディーラーに比べれば劣ります。

ただし、長年、並行輸入車を扱っている専門店のなかには、豊富な経験と知識を蓄積していることも少なくありません。こだわりの車種に関しては、そういった専門店のほうがメリットがあるかもしれません。

中古車の場合はどうか

これまではおもに新車における、正規と並行輸入のメリットとデメリットを書いてきましたが、中古車の場合はどうなるのでしょうか。

正規ディーラーが扱うアプルーブドカー(認定中古車)の場合、一定のクオリティをパスした車両のみが販売されるほか、中古車でも保証が付いており、望めば延長保証も可能です。また、希望の車両をディーラーネットワークを使って探し出してもらうこともできます。そのぶん販売価格は高めですが、安心を含めた価格と考えれば納得いくものです。

一方、並行輸入の中古車は、販売価格こそ低めに設定されますが、通常、保証はありません。また希少車種の場合は、車両価格が跳ね上がるケースもあります。また並行輸入された中古車は、正規ディーラーへ整備を依頼した際、やんわりと断られることもあるので注意が必要です。

日本に正規輸入されていないメーカーやモデルであっても選ぶことができるという自由さや希少性は、並行輸入車最大の魅力ですが、メンテナンスや修理に関しては、面倒をみてくれる専門店をみつける必要があります。

一方、正規輸入車は安心感や全国どこでも変わらないサービスが魅力です。

そういったことを踏まえて、自身のカーライフにマッチする輸入車を選ぶのが良策です。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives