デジタルアウターミラーや靴べら差しなど…今新車で買えるユニークな装備を持つ国産車5選

レクサス ES「デジタルアウターミラー」

デジタルアウターミラー

2016年に解禁された「カメラモニタリングシステム(CMS)」は、ドアミラーをカメラとモニターに置き換えできるというもので、保安基準が改訂された直後には『クルマのミラーレス化が始まった!』と大いに話題となった。そして、現時点で唯一のミラーレス車といえるのがレクサス ESだ。

ES300h バージョンLに21万6000円という高価なオプションで用意される「デジタルアウターミラー」は、単純にミラーをカメラとモニターに置き換えたのではなく、ウインカー操作などに応じて、画角を自動的に変化させるというもの。

いかにも初ものらしく、カメラユニットにしろ、モニターにしろ洗練されているとはいえないが、物珍しい装備はレクサスというブランドとあいまって注目のアイテムとなることは間違いない。

新型レクサスESに採用!デジタルアウターミラーとは?
ドアミラーの外側や下側にある黒い線、これってなに?

ホンダ S660「アクティブスポイラー」

ホンダ S660「アクティブスポイラー」

ホンダが軽自動車ながら、専用プラットフォームを開発してまで生み出したミッドシップ・オープンスポーツカーS660のコンプリート仕様であるS660 Modulo Xが標準装備しているのが「ガーニーフラップ付きアクティブスポイラー」だ。

スピードが70km/hを超えると自動的にせり上がり、35km/hになると自動格納するというアクティブスポイラー自体は過去にも国産車の採用例はあるし、海外のスーパースポーツでは同じような機能を装備していることも珍しくないが、少なくとも現行の国産車としてはオンリーワンの機能であるといえる。

なお、コンプリート仕様のModulo Xでなくとも、純正アクセサリーとしてアクティブスポイラーは用意されている(キット合計16万2000円)。

”おひとりさま専用スポーツカー”S660に2年半乗って思ったこと
S660とコペン、どっちが売れているの?

スバル フォレスター「ドライバーモニタリングシステム」

ドライバーモニタリングシステム

いまや自動車技術において最注目されているのがADAS(先進運転支援システム)。その分野において「アイサイト」という象徴的技術によって国産車トップのブランド力を持っているのがスバルだ。その最新モデルであるフォレスターのe-BOXER(ハイブリッド)グレードには「ドライバーモニタリングシステム」が標準装備されている。

これは赤外線カメラによってドライバーの表情をモニターすることにより、居眠りやよそ見を検知して注意喚起をするというシステムだ。ADASの進化によりドライバーの状況把握が必須といえるが、こうした技術でも先行しているのはさすがだ。

さらに、この「ドライバーモニタリングシステム」には“おもてなし機能”としてドライバーの顔認証をすることにより、シート位置やドアミラーの角度をメモリーされた状態に再現、エアコンの温度設定やメーター表示などを前回降車時の状態にすることができる。始動時には登録ネームに挨拶してくれるというフレンドリーさも、クルマの知能化に向けて欠かせない機能となりそうだ。

プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?
車高を変えると、先進安全装置のセンサーはバグらないの?

トヨタ エスティマ「電動床下格納機能付サードシート」

トヨタ エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUM-G
無題

ミニバンといえば3列目シートの格納は使い勝手での評価ポイントのひとつ。その中で、現在の国産ミニバンとしては唯一、電動格納機能を持っているのがトヨタ エスティマだ。エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-Gに標準装備される「6:4分割・電動床下格納機能付サードシート」はラゲッジ壁面にあるスイッチを操作するだけで、3列目シートが床下に格納されるというもの。

シートはどうしても重量物なので格納時に力が必要だが、エスティマであれば、そうした心配は不要。なお、AERAS系の上級グレードにもオプション設定されている。ちなみに、電動格納の3列目シートは過去にはホンダ オデッセイにも採用されていたことがある。

卵型がアイデンティティ!? トヨタ エスティマが愛される4つの理由
おすすめ7人乗りSUV5選〜国産車編〜

トヨタ センチュリー「靴べら差し」

靴べら差し

2018年にフルモデルチェンジを果たしたトヨタ センチュリーは、日本オリジナルのショーファードリブン。オーナーが座るべきは後席であり、すべては後席からの眺めやユーティリティを優先した設計となっている。たとえば運転手が操作するスイッチ類は後席から見えない低い位置に集められているのは、そうした思考によるものだ。

特筆すべき機能や設計は多いが、オンリーワンの珍しい装備といえるのが、左右センターピラー下部に用意されている「靴べら差し」だろう。室内では靴を脱いで、オットマンに足を預けてリラックスしたVIPが、降りる前にスマートに靴を履くためには、靴べらを定位置に置いておこうという心遣いは、まさにセンチュリーの世界観を示している。

これぞ日本の和。品格と匠の技を継承した新型センチュリーが販売開始!
トヨタ センチュリーは、"伝統工芸品"といっても過言ではない理由

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives