エアコンが効かない、風が出てこない、などの対処法は?

エアコンが効かない場合はコンプレッサーの故障、エアコンガス不足などがある

カーエアコン

エアコンが効かず、冷えにくい場合は、まずコンプレッサーの故障を疑うのが自己診断でもやりやすい方法だ。エアコンを作動してガラガラ、ギギと振動を伴って異音がするのなら、コンプレッサーの故障の可能性が高い。

ちなみに、遮音や吸音対策が手厚い高級車でない場合、エアコンをオンにするとカチッ、カチッと音がするのも聞いたことがあるだろうが、これはコンプレッサーの作動音で、故障ではない。

さらにエアコンが効かない場合は、エアコンガスの不足も考えられる。ガソリンスタンドでもメンテナンスメニューにあるケースもあるが、ガスの補充を間違えるとコンプレッサーの故障を誘発する可能性もあり、カーエアコンの整備を得意とする整備工場などにお願いするのが無難だ。

エアコンから風が出てこない場合は?

エアコン

エアコンから風が出てこない、カタカタ、ゴロゴロと音がする場合は、ブロアモーター(ブロアファン)が原因の可能性もある。

故障している場合は、ブロアモーターの交換になるのが一般的で、ネット通販などでも販売されている。業者に交換を依頼するともちろん工賃が発生するが、メカに強い人や設置場所によっては自分で交換できるケースもあるだろう。

暖房が効かない原因は?

なお、エアコンは車内を冷やす、湿気を取る、ウインドウの曇りを取るのが主な機能なので、冬場では基本的にエアコン(A/C)を押す必要はない。燃費悪化の原因になるからだ。ただし、曇ってきたらデフロスタをオンにすれば、連動してエアコンもオンになる。曇りが取れたらオフにすればいい。

冬場に暖房が効かない場合は、サーモスタットの故障が考えられる。車種により当然異なるが、工賃込みで1万円前後あれば交換できるはずだ。

さらに、冷却水不足(漏れ)により暖房が効きにくくなるほか、車内の温度センサーの故障なども暖房が効かなく原因として考えられる。その際は、ディーラーや整備工場などに依頼するのが基本的な対策といえるだろう。

できるドライバーはやっている!? A/Cボタンの上手な使い方
予約ができたり、ノンストレスに!? いまのカーエアコンがすごい!
車の冷房、燃費に良い適正温度は何度?
花粉対策はできていますか?エアコンフィルターの交換で花粉の侵入を防ぎましょう!
花粉の季節到来!車の花粉対策はどうすればいい?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives