BBS、東京オートサロン2019で鍛造ホイール製造工程を公開!GT-Rの展示も!

鍛造ホイール製造工程をディスプレイ

【東京オートサロン2019】BBS

▶︎ゆっくりと回転する丸テーブルに製造されるホイールを段階に分けてディスプレイ

BBSはホイール製造時に金属に圧力をかけて金属内部の空隙をつぶし強度を高める鍛造工法を用いることで知られている。

ブース入り口には、アルミの円柱ブロックから形になるまでの様子を製造工程がわかりやすくディスプレイ。圧延しながらリムが作られているなど、製法を段階にわけて説明され、ホイールに興味のある人にとっては興味深いものとなっていた。

【東京オートサロン2019】BBS

▶︎SUPER GTのGT500クラスに参戦するMOTUL AUTECH GT-Rのホイール

【東京オートサロン2019】BBS

▶︎NISMOのエアロを纏ったGT-R(08〜11年モデル)

またブース内各所には、SUPER GTやWEC、さらにフェラーリのF1チームに供給していたモデルなど、レースで使われたホイールを数多く展示され、モータースポーツと同社の結びつきをより印象づけていた。

そしてブースの中央にはNISMOのエアロを纏ったGT-R(08~11年モデル)が置かれ、その足元を、昨年BBSとニスモがコラボレーションした「RI-A Engineered by NISMO」(100本限定で完売)が力強く引き締めていた。

【東京オートサロン2019】BBS

▶︎FR-Dの新色、ガンメタリック☓プリシジョンポリッシュ

気になるのは、同社の市販化予定ホイールたち。今回登場したのは2種類で、1つは超超ジュラルミン鍛造 1ピースホイールFR-Dにプリシジョンポリッシュと呼ぶバフ仕上げを施工したもの。リムに施されたシルバーポリッシュの鋭角なラインが近未来デザインをより一層際立たせている。

色はブラックとガンメタリックの2種類。いずれもため息がでる美しさだ。

【東京オートサロン2019】BBS

▶︎BBSの市販化予定商品RE-V7のダイアモンドブラック仕上げ

そして新作はRE-V7。レーシングのデザインを市販ホイールに応用したもので、伸びやかなV字のスポークデザインが印象的。

ダイアモンドブラックとマットブロンズの2種類が用意され、スポーティーエレガンスの雰囲気が漂う。これら4モデルの発売時期は未定とのことだが、一日も早く並んで欲しいと願うのは筆者だけだろうか。

ホイール製造工程

BBS 画像まとめ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives