東京オートサロン2019はジムニー祭り!? スズキブースもカスタマイズモデルを展示!

ジムニーとシエラを展示!

【東京オートサロン2019】スズキ

シエラの方は「ピッアップスタイル」と名付けられたモデルを、ジムニーは「ジムニーサバイブ」と名付けられた。いずれもアウトドア嗜好を強く意識させるものだ。

ピックアップトラック風に改造されたシエラは、リアエンドに同社の軽トラック、キャリーのトラックベッドを取り付けたもの。リアルウッドをボディ側面に張り付けて雰囲気を出している。運転席の背後にラゲッジスペースが用意され、狩猟で使うクルマをイメージさせる。

【東京オートサロン2019】スズキ

サバイブと名付けられたジムニーはハードスタイル。ウインチバンパーやアウターロールケージ、ハイリフトジャッキといった装備を備え、どこにでも行けて、必ず帰ってくる、という雰囲気だ。

とはいえ、そこまでハードな印象を与えないのは流石メーカーカスタムといったところで、車両を見ているとキャンプに行きたくなるような気にさせてくれる。

これら2台の市販化予定はないとのことだが、ジムニーファンならずとも気になる存在であることは間違いナシ!一時は納期3年と言われたジムニーが、1年経たずにコンセプトカーを登場させてきたことに驚くと共に、これからの発展に期待せずにはいられない。

【東京オートサロン2019】スズキ

▶︎ブースの様子

【東京オートサロン2019】スズキ

▶︎人気のスイフトもサーキット仕様にカスタマイズ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives