レクサスUX200や新型カムリなど。アーティシャンスピリッツ、7台のニューモデルを出展!

東京オートサロン2019では7台のニューモデルを出展

【東京オートサロン2019】アーティシャンスピリッツ

2019年のオートサロンでは、合計7台(他社ブースでの展示含む)のニューモデルが出展されました。

★SPORTS LINE BLACK LABEL
LEXUS LS500
RC300 F SPORT
LEXUS UX200
TOYOTA LANDCRUISER 200ZX
TOYOTA HILUX
TOYOTA CAMRY WS
TOYOTA HARRIER

★BLACK LABEL GT
LEXUS LC500 (ROHANAブースに展示)

★SPORTS LINE BLACK LABEL
TOYOTA ALPHARD (AVESTブースに展示)

もっとも、アツいのは?レクサス UX200

【東京オートサロン2019】アーティシャンスピリッツ

7台のニューモデルの中でもっとも、アツい注目を集めていたレクサスUX200です。UX200はレクサスSUVの末弟に位置づけられるコンパクトSUVで、ベースはトヨタCH-Rです。

日本では2018年11月末に発売されたばかりの新しいモデルとあって、今回の東京オートサロンに出展されたUXベースのカスタムカーは数台(恐らく3台?)。その中の1台がアーティシャンスピリッツによる、こちらのSPORTS LINE BLACK LABELのレクサス UX200です。

アーティシャンらしい、「ベースデザインを損なわないインテリジェンスなカスタム」コンセプトはUX200にも引き継がれています。アーティシャンオリジナルで特に好評なアンダータイプスポイラーとオーバーフェンダーをはじめ、サイドアンダースポイラー、リヤディフューザー、リアゲートスポイラー、リアルーフスポイラーなどの人気アイテムをまとっています。上品で知的なアーティシャンスタイルは、明らかにベースのUX200とは違うオーラを放っています。

ホイールは、ARTISAN SPIRITS CORART AS (前後20×8.5J )。タイヤはYOKOHAMA ADVAN Sport V105(前後245/35/29)を装着しています。

2017SEMAでワールドプレミアとなったLS。新作のカーボンボンネットを装着して新登場

【東京オートサロン2019】アーティシャンスピリッツ

アーティシャンスピリッツは2017年のSEMAショウレクサス公式ブースにて、レクサス LS500 をワールドプレミアしました。こちらのLS500は、そのマイナーチェンジ版ともいえるモデルです。

ベース車両はLS500h F SPORTで、ボディカラーはホワイトノーヴァガラスフレーク。カーボンフロント&サイドアンダースポイラー、カーボンリヤディフューザー、カーボントランクスポイラー、カーボンリヤルーフスポイラーを装備しており、カーボンボンネットが新作となります。

まるで別次元!カスタムされた新型カムリにも注目!

【東京オートサロン2019】アーティシャンスピリッツ

新型カムリ(CAMRY WS)をベースに、スポーツテイストを取り入れたカスタムモデルがこちらです。カッコいいと評判の新型カムリですが、アーティシャンスピリッツの手にかかるとベース車とはまるで別物のスポーティなカスタムモデルに仕上がりました。

注目すべきはOZ レーシングとこコラボで誕生した新作ホイール『OZ RacingSuperturismo』(前後19×8.5J)で、スポーティかつ華やかなデザインですが、全体との調和も最高。このほか、フロント&サイドアンダースポイラー、リヤディフューザー、GTウィング、リアルーフ&リアゲートスポイラーを装着しており、タイヤはヨコハマADVAN Sport V105(前後235/40/19)を装着しています。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives