レバーで操作はもう古い!? ボタン式シフト採用車5選

アストンマーティン DB9

アストンマーティン DB9
アストンマーティン DB9 ボタン式

現代のクルマの中で、いち早くボタン式シフトを採用したのが、イギリスの高級スポーツカーメーカーのアストンマーティン。センターコンソールの吹き出し口の下に「P」「R」「N」「D」、4つのボタンが並びます。

「5つじゃないの?」と思うかもしれませんが、中央にあるのはキーの差込口。ここにリモコンキーを差し込んで押すと、エンジンがかかる仕組みです。アストンマーティンでは、2006年デビューのDB9以降に発売したすべてのニューモデルにボタン式シフトを採用。同社の特徴的アイテムのひとつとしています。

エレガントすぎるアストンマーティン DB9の維持費ってどれぐらい?
アストンマーティンのスーパーGT「DBS スーパーレジェーラ」が日本デビュー!

フェラーリ カリフォルニア

フェラーリ カリフォルニア
フェラーリ カリフォルニア ボタン式

スーパーカーの世界では、今や3ペダル式MTではなく、パドルシフトで操作する2ペダル式AMTが主流。それはつまり、シフトレバーは“なくてもいい”ということ。フェラーリは、パドルシフト+ボタンで操作します。

ボタンで行う具体的な操作は、「AUTO」、「LAUNCH」、「R」の3つ。「AUTO」はオートマチックモードへの切り替え、「LAUNCH」はスタート加速でパフォーマンスを発揮するためのモード、「R」はリバースです。

2009年のカリフォルニアでこの仕組みを採用したフェラーリは、現在488ピスタや812スーパーファストなど、すべてのモデルがボタン式シフトとなっています。ちなみに今回はフェラーリを例にしましたが、ランボルギーニやマクラーレンのシフトもフェラーリを同様のボタン式です。

イタリアの赤い跳ね馬、フェラーリのラインナップを紹介!
エキゾチックなデザイン!ランボルギーニのラインナップ
もはや別次元!? 世界の個性派スーパーカーメーカー4選

アバルト 595

アバルト 595 2017
アバルト 595

スーパーカーがボタン式なら、ホットハッチもボタン式に!フィアット500のハイパフォーマンスモデルであるアバルト595も、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッションモデルは、ボタン式シフトを採用しています。

「1」「N」「R」「A/M」の4ボタンタイプで、「1」は一般的な「D」に相当するもの。「A/M」は、AUTO/MANUALのモード切替えです。3ペダルMTモデルやフィアット500のデュアロジック仕様でシフトレバーがつく位置にボタンが並ぶ様子は、“あと付け感”もありますが、それがかえってレーシーな雰囲気でかっこいい!

サソリのマークを冠したフィアット。アバルトの栄光の歴史

次ページ国内メーカーでは唯一!? ホンダもボタン式シフトを採用!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives