ミニバン史上もっとも乗り心地が良い車!? ステップワゴン モデューロXに試乗してみた

ミニバン史上もっとも乗り心地いい車!?

STEP WGN ModuloX(栗原祥光撮影)

いきなり結論めいた事をいうと、筆者が知る中でミニバン史上もっとも乗り心地がよく、運転が楽しい。マンホールやスピードバンプなどのギャップでの振動収束が早く、クルマがゆっさゆっさと揺れたり、船酔いのような感じにはならない。

これはスポーツの脚だ。スポーツといってもガチガチでもない。その塩梅は見事で、しっとりという言葉がふさわしい。このしっとり感は、モデューロXに共通するもので、どこか欧州車の脚に似ている。

ここまで脚がいいと、もうちょっとパワー感が欲しくなるのも事実。そこで運転席右側にあるエコモードをオフにすると、束縛から解き放たれたかのような楽しい世界!エンジンやハイブリッドに関する制御はオリジナルのステップワゴンと変わらないとのことだが、脚の良さと相まって、多くの人がイメージするであろうホンダ車の世界が待っている。ホンダはこうでなくちゃ!やっぱりホンダは「日曜日よりの使者」だ。

無視するつもりだったのだが、気分がよくなったので、担当者自慢の高速走行も試してみた。一言でいえば、とても安定して不安感はない。クルマがピタリと地面に吸い付いている手応えがある。ハンドルを切ると当然クルマはロールするのだが、そのロールスピードがゆったり感じられるのも美質。想像以上に傾き慌てる、ということはない。

どこか「自分は運転が上手くなったのでは?」と錯覚するほど、コーナーをトレースしていくのだ。スムースかつしなやかで、しっかりした手応えと楽しさ。それがモデューロXの目指すところなのだろう。

剛体ボディとエアロの効果か、車内が静かなのもよい。でありながらアクセルを踏めば、適度にエンジン音などが車内に聞こえる。この塩梅もまた見事だ。乗り心地の良さ、静粛性と合わせて、運転手はもちろん家族の疲労度も少ないだろう。

純正カーナビにも注目!

STEP WGN ModuloX(栗原祥光撮影)

ホンダアクセスのよい仕事ぶりは、純正カーナビ「10インチプレミアムインターナビ」にも表れている。工賃別の27万円という金額には驚くものの、タッチパネルディスプレイがめっぽう綺麗で、しかも使いやすいのだ。

さらに別売りになるが、ドライブレコーダーや、リアビューなどを表示し運転支援する「リアカメラ de あんしんプラス2」によって、その使いやすさと利便性がさらにアップしていく。これら全てを入れると35万円近くなってしまうが、家族を守り、クルマを守るためには絶対に入れたほうがいい。

STEP WGN ModuloX(栗原祥光撮影)

400万円という金額は、ミニバンとしてはかなりの高額商品だ。しかし、それだけの価値はあると思う。願わくば……という部分がないわけではないが、満足度はかなり高い。

家族との思い出づくりを、もっと快適に、そして楽しくドライブするミニバン、それがステップワゴン モデューロXであると感じた。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives