気をつけよう!クルマの寿命を短くする運転方法5つ

暖機を考慮しないアクセル操作はエンジンを傷める

アクセルペダル

まず、エンジンの寿命を左右するのは丁寧な慣らし運転と、暖機の配慮した運用にある。慣らし運転については、かつてほど気にすることはなくなってはいるが、それでも新車の購入直後からアクセルをガンガンに全開にするような粗っぽい乗り方をするとエンジンのおいしいところを使えなくなりがちだ。

いまどきのエンジンは各部の精度も高いので、粗く乗ったからといって壊れることはないが、本来の性能を発揮しきれないことは多分にある。

日常的に気を付けたいのは暖機についての配慮だ。出かける前にエンジンをかけてアイドリングで放置しておくというのは環境対応の面からNG行為となっているため走り出した直後は、各部が冷えた状態になっている。その状態で、いきなりアクセルを大きく踏み込むような運転をするとクリアランスは適正でなく、エンジンオイルの油膜による保護効果も十分ではないため、徐々にエンジンのライフを削ってしまうことになる。

最近のクルマには水温計はなく、インジゲーターで表示することが多いが、せめて水温が低い状態を示す青いランプが消えるまではアクセル開度を控えめにするなど配慮すべきだ。

乾いた状態でワイパーを動かすと窓が傷だらけになる

ワイパー

フロントウィンドウが汚れているときに、ウォッシャー液を噴射して、ワイパーを動かすドライバーを時おり見かけるが、この行為はガラス表面にこまかい傷をつけてしまうばかりか、ワイパーゴムも傷めてしまう。非常時ならまだしも日常的に、ウォッシャー液とワイパーでフロントウィンドウを掃除することはやめるべきだ。

またウォッシャー液がボディにかかるとシミになってしまいがち。視界にかかわるフロントウィンドウは濡らしたウエスなどでこまめに拭いて、クリーンな状態を保ちたい。もちろん、泥などがはねてきて前が見えないくらい汚れてしまったときにはガラスに傷がつくことよりもウォッシャー液とワイパーで視界を確保することが優先されるのは当然のことだ。

停止状態でハンドルを切る「据え切り」は控えめに

ハンドル 押す

いまどきパワーステアリングが備わっていないクルマを見かけることはほとんどないが、パワーステアリングがあると停止状態でもタイヤをフルロックまで簡単に切ることができる。これを「据え切り」という。

メーカーも据え切りを考慮して耐久性を見ているが、据え切りをするとタイヤやサスペンションブッシュなどに負担がかかるため、長い目で見るとおすすめできる行為ではない。本来であれば微速で動きながらステアリングを操作することがクルマにはやさしい。ただし、車体が大きくなっている昨今では狭い駐車場において据え切りをしないと駐車しづらいケースもあるだろう。

クルマが自動でステアリング操作を行なうパーキングアシストシステムでは据え切りをしているケースも見かけられるので、絶対に禁止というほどではないが、クルマのライフを考えれば、据え切りは控えるという意識を持っておきたい。

次ページ半クラッチの多用はクラッチの消耗を早くする

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives